BF1: バトルフィールド1の情報詳細まとめ。過去最大の規模

1 BF1    

BF1

BF1 判明した情報

  • 舞台:第一次世界大戦 (WW1)
  • 対応機種:PC/PS4/XB1
  • 発売日:2016年10月21日
  • 予約特典:Hellfighter Pack、無料マップ配信先行アクセス
  • プレイ人数:最大64人
  • 2017年3月までに無料マップが配信
  • デラックス・エディション版は3日の先行アクセスが可能。価格は10,584円(税込)
  • 全面戦争の夜明けを体験。バトルフィールド史上最も壮大にして最もダイナミックな戦い
  • 6月に開催される独自イベント“EA Play”にてゲームプレイがお披露目
  • EurogamerによるとEA Access向けの先行アクセスは10月16日となる。
  • Origin Accessに対応するかは不明
  • ベータテストはPC/PS4/XB1を含む全機種向けに2016年後半に実施
  • ロケーション:泥だらけの戦場、フランスの森林、アラビアの砂漠、イタリアの高地、アルプス山脈、西部戦線といったロケーションが含まれる。マップには、多数の建築物やオープンフィールドを備えた都市環境や村が含まれ、戦車により適合する。
  • 確認された武器:銃剣やメイス、剣、ショベル、ピストル、ショットガン、ライフル、サブマシンガン、火炎放射器、スナイパーライフル、ボルトアクションライフル、毒ガス(これに対抗するガスマスク)
  • ビークル:複葉機、巨大な飛行船、馬、軽戦車、重戦車、装甲車、爆撃機、偵察機、ボート、戦艦、飛行船が登場。新たに戦車のキャプテンとパイロットといったビークルクラスが導入され、幾つかのビークルはパイロットとガンナーなど、2人のプレイヤーが操作できる。
  • シングルプレイヤーキャンペーン:より多くの選択肢を用意するオープンなサンドボックス環境を特色とする。また、世界規模のロケーションを通じて異なるキャラクターの物語が描かれる。
  • マルチプレイヤー:クラスベースの兵科(アサルト、メディック、サポート、スカウト)に加え、2つのビークルクラス(戦車ドライバーと戦闘機のパイロット)が導入される。5人構成の分隊システムも存在。
  • 破壊要素がさらに強化され、全ての建築物が破壊可能となる。木製の家から巨大な石の砦、地面に至るまで、多くの要素が個別に破壊できる。
  • 近接攻撃が重要な要素として刷新され、強力な銃剣突撃を導入
  • 武器カスタマイズが再び導入される。詳細は不明
  • 従来のシリーズ作品と同様に陸海空の大規模戦を特色
  • シリーズを象徴するコンクエストモードはもちろん実装

関連記事:
BattleField 1 (BF1) の公式サイト公開!さらなる詳細が判明
最新作バトルフィールドとなる「BattleField 1 (BF1)」を正式発表

コメント 1 件

コメントする