BF1: ビークルが楽しみな8つの理由とビークルに関するQ&Aが公開

0 BF1    

BF1のビークルが楽しみな8つの理由

陸・海・空に多種多様なビークルが登場

軽戦車からランドシップ、オートバイに至るまでBF1の地上戦はバリエーションに満ちています。海でも高速・高機動の魚雷艇や装甲揚陸艇などを操ることができ、その戦闘は同様に多彩です。

そして空に目を向ければ、そこでも数多くの種類の航空機がプレイヤーの操縦を待ち構えています。

素早く、恐るべき航空機

小回りの利く戦闘機や複座の攻撃機で制空権を争ったり、圧倒的な攻撃力を持つ爆撃機で地上の敵を制圧したりすることが可能です。

第一次世界大戦はドッグファイトの夜明けでもありました。BF1ではシリーズ最高峰の空中戦闘が実現されます。

各座にチームメイトで搭乗できる航空機が登場

敵の航空機に後から迫り、空から叩き落とす。これに勝る興奮はありません。 分隊の仲間と共に空に上がりましょう。空機によっては銃座席を備えた物もあります。これは「バトルフィールド 1942」のファンも長らく待ち望んできた要素です。

圧倒的に巨大なビークルが登場

BF1にはシリーズ最大クラスのビークルが登場します。 トレーラーでもその一部を目にすることができますが、今後もさらに詳しい情報を公開して行きたいと思います。

ビークルの破壊がこれまで以上に重要

航空機や戦車、船艇が一定のダメージを受けると、その見た目だけでなく、挙動にも影響が現れるようになります。 航空機の翼が撃たれた場合、翼が破損して、その空力モデルが変化します。

同じように戦車の銃座が破壊されれば、修理するまでその兵装は使えなくなります。

戦車や航空機で出撃する際に、そのタイプを選択できる

偵察兵で出撃する際に、使用するスナイパーライフルを選択することを思い浮かべてください。 それと同じように、パイロットや戦車兵で出撃する際に、使用するビークルのタイプを選ぶことができます。

プレイ中のマップとモードで、そのビークルがサポートされている限り、好きな戦車や航空機を選ぶことができます。つまり、その時々の状況に最適のビークルを選ぶことができるのです。

ビークル専用の兵科と装備が存在する

ビークル兵科である戦車兵あるいはパイロットで出撃する場合、ビークルとその装備を選択することができます。 ビークルごとに、異なる武装の組み合わせや、装備、さらには搭乗席の組み合わせまでが存在します。

ビークルはすべての兵科で利用可能ですが、戦車兵とパイロットはビークル戦闘に特化した兵科になっています。

物理モデルの大幅な強化

航空機の空力モデルはこれまでのシリーズに比べより物理的な影響を感じられるものとなっています。重力を実際に感じたり、意図的に失速させるマニューバを実現したりすることまでできます。

また戦車は、ほとんどのオブジェクトを容易に乗り越えることができ、熱したナイフでバターを切り裂くように建物を突き破ることもできます。

BF1のビークルに関するQ&A

航空機でのガンナーはどう機能しますか?
複座の攻撃機では、後ろの観測手席から360度のリングマウントに設置された機銃を使用することができます。 爆撃機にもリアガンナーが存在しますが、射角が後方に限られています。 爆撃機ではさらに、3人目となる機首のガンナーポジションが存在し、射角が前方に限定されたやや大型の武装を使用できます。
BF1でのドッグファイトは、これまでのバトルフィールの空中戦とどう異なりますか?
最大の違いはロック可能なミサイルとそのカウンターメジャーの2つが存在しないことです。 それ以外に今回使用している空力モデルは、ジェット機に比べより繊細で洗練されたものになっています。 この時代、航空機はまだ新しいテクノロジーであり、重力と戦うためにはさまざまな工夫を凝らす必要がありました。

その挙動を再現するにあたり、重量と慣性を感じさせること、そしてそれをゲーム中の機体でどう表現するかにこだわりました。 ジェット機でのドッグファイトはアラーム音が聞こえた際にボタンを押すことにつきますが、今回の機体でのドッグファイトでは、マニューバや速度、ターゲットにいかに弾を当てるかといった要素が重要になります。

戦車は複数人で運用するビークルとなるのか、1人で操縦から射撃までのすべてをこなせるのかどちらですか?
ゲーム中に登場する各戦車で異なります。 ランドシップタイプの戦車では、車体の両サイドに設置された2つの搭乗員兵器が攻撃を担います。これは操縦手が1つの大きな主砲を操作する、これまでの「バトルフィールド」シリーズでの戦車とは大きく異なります。
BF1の航空機は地上車両に対し有効な兵器となりますか?
3つの各航空機クラスに渡り、対地攻撃に特化させた装備の組み合わせが可能です。 同様に、空対空に特化させることや、歩兵の制圧、あるいは“その他”のターゲットへの攻撃に特化させることも可能です。 パイロットには、個人の好みや戦略的な要求を満たすための幅広い選択肢が用意されています。

ビークルプレイ動画

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。