BF1:先行アクセスプレイヤーの評価は高い!海外レビューもメタスコア88という高評価

0 BF1    

BF1

10月18日0時からデラックス版とアルティメット版を購入したプレイヤーが遊べるようになっています。PC版は購入すれば遊べますが、PS4版は予約購入した人のみプレイすることが可能です。オープンベータは誰でも無料でプレイでき、シナイ砂漠しか遊べなかったため様々な評価がありましたが、製品版の評価は良好になっています。

先行アクセスプレイヤーの評価

  • 第一次世界大戦という時代設定が好きな人は買うべき
  • キャンペーンが作り込まれてて面白い
  • キャンペーンの面白さはBFシリーズで過去最高かも
  • キャンペーンは映画をプレイしている感じになる
  • オープンベータのときより楽しく感じる
  • 戦争している感がすごい
  • 銃の音がいい感じ
  • グラフィックが驚くほど綺麗
  • スナイパーと迫撃砲を使うプレイヤーが多くなければ最高
  • マップ上に乗り物が少なすぎる
  • ランクアップしてもバトルパックがもらえない (マッチ完了時にランダムで貰える)
  • 細かいカスタマイズができなくなった

新モードのオペレーションはサーバーブラウザからの参加ではなく、別に用意されているためプレイしている人数がわかりませんし、参加してもマッチングしないのでどのようなモードなのか不明です。通常版が発売する21日以降にプレイヤーが増えてマッチングするようになると思われます。

もう一つの新モードであるウォー・ピジョンはチームデスマッチやドミネーションサイズのマップとなり、鳩をとりあうモードです。簡単に言えば、BF4のオブリタレーションにあった爆弾の取り合いが鳩になった感じです。鳩を確保し続けると飛ばすことができ、先に3回飛ばしたチームの勝利となります。

現在、評価がいいマップは市街マップの「Amiens」と森林マップの「ARGONNE FOREST」です。砂漠マップはいくつか用意されていますが、評価は悪いです。

海外メディアレビュー

まだレビュー数は13程度しかありませんが、PC版はメタスコア88・XB1版はメタスコア86となっています。PS4版はまだ3つしかレビューがないので算出されていません。[Metacritic]

  • 記憶に残るサウンドトラック
  • 戦争は残酷と感じさせる演出がすごい
  • 壮大な戦争をシミュレーションしているようなオペレーション
  • 新モードのオペレーションとウォーピジョンは素晴らしい
  • 2010年以来最も完成度の高いバトルフィールド
  • キャンペーンは基本的に面白いが、インパクトに欠ける
  • ビークルのバランス調整が必要
  • ラッシュがおまけ的な残念な結果になっている
  • いくつかのバグとマイナーな問題を抱えている
コメント 0 件

コメントする