『Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失-』の謎。

0 EGttR -幸福な消失- 

この記事はネタバレ注意です。

1周目の記憶と、2周目の冒頭だけプレイして判明した「Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失- の謎」をまとめてみます。どうやらR2でダッシュが出来るらしく開発が操作説明に記載しわすれたとか。移動速度を上げるパッチも検討中とのことなので移動速度が上がれば2周目をプレイするかもです。

登場人物

ケイト

・別名:キャサリンコリンズ博士
・スティーブンと夫婦
・”なにか”を食い止めようとする。
・VALIS(?)

スティーブン

・別名:アップルトン博士
・「おれが感染源だ!」と言う

ウェイド医師

・医師

バーバラ

・BBA

ジェレミー

・神父

他、リジー、サム、メグ、アマンダなど

自分の謎

自分は何者なのか。人間?光?自分の足音は聞こえる。歩いているように微かに揺れる。しかし、足元を見ても影はない。

爆弾

1周目の記憶ですが、政府かなにかがこの街を滅ぼすために戦闘機で爆弾を落とす。それは、神経ガスとか言ってたような…。

蝶の謎

蝶がいたるところにある。マップ、扉、本、そしてFAXがなぜか蝶を書き出す。

世界を消失させる”なにか”とは

・ケイトとスティーブンの研究に失敗して発生した(?)
・奴らは勢いを増す
・電話の中にいる、電線を伝う
・パターンに適用する(順応する)

“なにか”に感染

・消失するときは死体が残らない(?)
・鳥は死体が残る
・視覚と聴覚に歪みがでる
・液体の光のような斑点が見える
・接触では感染しない?電話で感染する?
・鼻血が出る

全ては謎のまま…。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。