HDMI 2.1が発表。ゲームモード機能を搭載し、8K/60Hzにも対応。2017年発売

0 ゲーマーが気になる情報   

HDMI 2.1

HDMIフォーラムは、HDMI企画の最新となるHDMI 2.1を発表しました。HDMI 2.1は、従来のHDMI規格と互換性を持ち、2017年第2四半期にリリースされる予定です。

  • HDMI(R)エコシステムの新たな機能向上として、より高い動画解像度とダイナミックHDRを実現
  • より高い動画解像度とより速いリフレッシュレート (8K/60Hz・4K/120Hz)
  • 新しい48Gケーブルによって帯域幅を拡大、HDRの8K動画などの非圧縮HDMI 2.1機能をサポート
  • eARCが、オブジェクトベースオーディオなどの最新のオーディオフォーマットをサポートし、最新のオーディオ信号コントロール機能(デバイス自動認識など)を可能にします。
  • ゲームモードVRR (Game Mode VRR)の可変リフレッシュレートは、3Dグラフィックプロセッサがレンダリングされたイメージを瞬間に表示できるようにし、よりスムーズでディテールの優れたゲームプレイを実現します。また、ラグやスタッター、ティアリング(ちらつき)を低減または無くします。

HDMI 2.0の帯域幅18GbpsがHDMI 2.1では帯域幅48Gbpsまで拡大。より多くの情報をやりとりできるようになります。ゲームでは遅延がなくなるようで、ダイナミックHDRでの映像表示も最適化されるとのこと。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。