ゲーマー達のVR認知度は37%しかない?PSVRよりもOculus Riftが上

1 ゲーマーが気になる情報    

PSVR

情報元のgamesindustry.bizによると、ゲーマーと自認する米国人に調査した。VRまたはARの少なくとも1種類の機器を認知している人は37%しかないことが明らかになったようです。

この調査は10代以降の2000人を対象にオンライン上で行われた。Oculus Riftが22%と最も高く、PSVRは14%、HTC Viveは6%という結果になった。

  • Oculus Rift 22% (発売日:2016 Q2)
  • Google Cardboad 18% (2014 Q3)
  • Samsung Gear VR 16% (2015 Q4)
  • PlayStation VR 14% (2016 Q4)
  • Microsoft HoloLens 11% (2017)
  • HTC Vive  6% (2016 Q2)
  • Razer OSVR  5% (2016 Q3)
  • Sulon Cortex  1% (2016 Q2)

結構意外な結果ではないでしょうか。Google Cardboadが意外に知られている、HTC Viveが知られなさすぎ、PSVRが低いという結果です。

VRに興味を示している人は一般的に若年層で月20ドル程度をゲームに使う人達だそう。若いころからデジタル環境に馴染んだ「新世紀世代」のVR・AR機器認知度が47%と最も高く、成年者が35%、中高年が38%、10代が15%となっている。

おすすめページ PSVR情報データベース

コメント 1 件

コメントする

  • 10代のゲーマーって、本当にゲームばっかりやってて、夢中になってプレイしているゲーム以外はまったく情報を入れる気がないとか・・・