【MGS】メタルギアソリッドⅤ ファントムペインの新情報が判明した潜入報告

0 MGS    

7月24日~26日の間にメディア向けに「メタルギアソリッドⅤ:ファントムペイン」の体験ができるブートキャンプが行われたそうです。その記事をご紹介。

ファントムペインには世界がある!

これまでのメタルギアは、ステージグリア型でスタート地点があり、そしてゴール地点を目指すという作りになっていた。決められたルートがあり、「世界がなかった」ということだ。今作は、アフガニスタン全域という世界があり、その中に目標となるミッションエリアがある。

その世界にヘリで降り立ち、馬や車で移動したり、バディと潜入したりして目標地点へと向かう。プレイヤーごとに遊び方やルートが変わってくるのだ。この途中にも世界は動き続けていて、敵兵と遭遇することがある。”プレイヤーの数だけ攻略法がある”という言葉がファントムペインにはあてはまる。

装備はどうするのか、なにをもっていくのか、バディは誰を連れて行くのか、どんなルートで潜入するのか、昼夜いつアプローチするのか、予期せぬ天候の変化をどう活かすのか、すべてはプレイヤー次第で様々なプレイを味わえる。

フリーミッション、サブミッションも存在

基本的には、ヘリ内でミッションを選択し、目標を達成することで新しいミッションの出現、ストーリーの進展が起こる。しかし、ミッションを受けないフリーミッションで出撃した場合は、オープンワールドの全体がプレイエリアとなる。フリーミッションはどこに行くのも何をするのも自由。メインミッション以外に、「SIDE OPS」というものがあり、該当地域に行くと、このミッションが始まる。

マザーベースの拡張はミッションにも多大に影響する

スネークたちの拠点であるマザーベースを大きく拡張していくのも重要だ。ミッション中に敵兵をフルトンで回収し、ミラーたちの説得により、彼らが仲間となり、マザーベースのスタッフとなる。兵士のスキルは、兵器開発に向いていたり、医療班に向いていたり、戦闘に向いていたりと個性がある。兵器開発で双眼鏡を強化すれば、ミッション中に敵兵の適正やランクが見えるようになったりする。ランクの高い兵士を獲得するには、かなりやりこむことが必要になるようだ。

仲間になった兵士は、研究開発・資源開発・支援・戦闘・医療・諜報・警備などに配属し、マザーベースのレベルを高めていく。兵器の研究開発レベルが上がれば、ミッション中に手に入れた資源を使って新しい装備を作れたりする。

プレイスタイルに合わせて敵兵が対応してくる

例えば、ミッション中に麻酔銃で敵兵士を眠らせてばかりいると、いつの間にか敵兵士はヘルメットを装着するようになる。ゴリ押しばかりしていると、アーマーやシールドを。夜にばかり潜入しているとナイトスコープを装着するようになる。

それらをなんとかするにはマザーベースの実戦部隊を装備を供給する工場へと向かわせる。部隊を送って工場を爆破すれば、追加装備の供給が止まるということになる。これを「派兵ミッション」といい、お金稼ぎになったり、兵器作成の資源稼ぎになったりする。兵器の研究開発にはお金がかかるのでこの「派兵ミッション」でお金を稼ぐことが必要になってくるだろう。

他プレイヤー基地へ潜入する「FOB ONLINE」

新しいオンライン要素「FOB ONLINE」が確認された。これは、メタルギアオンラインとは別の要素で、他のプレイヤーの基地(FOB:Forward Operating Bases)に潜入し、兵士や資源を奪ったりすることができるという。プレイヤー同士が潜入しあい、奪い合うということだ。

潜入した側は、「FOBの最奥地へと潜入して報酬を奪う」こと、潜入された側は「他プレーヤーを撃退して報酬を得る」ことが目標となる。FOB ONLINEは、本編をある程度進めると遊べるようになるもの。

ゲームをプレイ中に潜入されると、FOBが襲撃されているという連絡が入る。プレイ中のミッションを中断して、潜入してきたプレイヤーを対処しにいくことも可能だ。自分のマザーベースのスタッフが潜入してきたプレイヤーにフルトンで回収されれば、相手に囚われてしまう。囚われないように撃退するために強力な兵士を揃え、兵器を開発して兵士の装備も充実される必要がある。それでも囚われることもあるかもしれない…。

潜入してきたプレイヤーは「報復リスト」に載り、奪われた兵士を奪い返すことが可能。フルトンで回収された兵士は、しばらく営倉に入れられ、説得されてしまうと、相手の仲間になる。この営倉に入れられている間に報復リストから奪われた兵士を救出するだけでなく、相手兵士を奪ってくることもできる。

これが報復の連鎖の始まりだ。報復は報復を呼ぶ―。報復リストはフレンドも閲覧でき、その人の代わりに報復することもできるらしい。さらに報復の連鎖は拡大するのだ。

情報元筆者のコメント
FOB ONLINEを体験した。他のプレイヤーが潜入してきたことが画面に表示されると。「あ、誰かが潜入してきた!」という声が上がり、それに「自分が潜入しましたー(笑)」という返事をする場面もあった。というか、主に筆者が面白がって潜入を宣言していたのだが。

情報元:GAME Watch

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。