ニンテンドースイッチは据置機という扱い。コア層も喜ぶパートナー企業が一部発表

1 任天堂 

ニンテンドースイッチ

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

10月20日23時に「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が発表されました。情報はあまりありませんが、ニュースリリースも公開されています。

ニンテンドースイッチのコンセプトは「家庭用据え置き型テレビゲーム機の娯楽体験を切り替える」ということらしいです。ニュースリリースには以下ように記載されています。

Nintendo Switchは、家庭用据置型テレビゲーム機でありながらご自宅か外出先かを問わず、テレビモニターの前を離れて本体を持ち出して遊ぶことができ、一人でも大勢でもどこででもお楽しみいただける、かつてない娯楽体験を世界中の皆様にご提供いたします。

本体が小さいので据置機のパワーが出せるのかはわかりませんが、任天堂的には据置型ゲーム機という扱いをしているみたいです。

テレビとHDMI接続されている「Nintendo Switch ドック」から本体を取り外すだけで持ち運びが可能となります。テレビで遊ぶ場合は、ドックに装着するのでWiiUのようにテレビとパッドの画面を両方使うということはなさそうです。

コントローラーはグリップに装着して使用したり、複数人と分けてしようしたりもできるようです。一般的なコントローラーを好む人のためにNintendo Switch Pro コントローラーも用意されています。おそらくこれは別売りでしょう。

そして、ニンテンドースイッチ パートナー企業が一部発表されています。ACTIVISION、ベセスダ、フロムソフトウェア、EA、スパチュン、スクエニ、UBISOFTなどコアゲーマー向けにゲームを作っている企業もニンテンドースイッチ向けゲームを作るみたいです。

Nintendo Switchは2017年3月発売予定です。価格、ソフトウェアラインアップ、仕様等のくわしい商品情報は後日発表するとのこと。価格とスペックの発表に期待です。

コメント 1 件

コメントする

  • 価格が25000円前後で、モンハン出たら買うかな?

    PSVITAよりかはいいと思うけど、据え置きで考えたらいらないかな。
    VITA2出してくれんかな。