任天堂のUSJアトラクション、ハリポタ規模の400億円を投資。2020年までにオープン

0 任天堂 

usj マリオ

USJと任天堂の新アトラクション提携について産経新聞が報じています。任天堂のアトラクションは、正面ゲート左側に設置されることが決定された。450億円規模を投資したハリーポッターに匹敵する400億円規模を投資し、東京五輪が開催される2020年までのオープンを目指しているという。

USJには拡張できる土地が少ないため、現在の事務所や従業員控室などに利用しているエリアの移転を検討してスペースを確保する模様。任天堂の人気キャラクター「マリオ」を使用した大規模なアトラクションとなるようです。

海外ゲームメディアIGNもこの話題を投稿。この記事をあとで読むに登録している海外ゲームユーザーも多いようで注目されています。

任天堂はマリオなどの人気ゲームキャラクターをゲーム以外の分野にも展開することでゲームファンを増やす狙いがあるようです。USJとの提携を発表した際に岩田前社長は「ここでしか味わえない魅力的な体験を生み出したい」とコメントしていました。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。