USJの任天堂エリアは600億円規模!イメージ動画が公開、マリオカートも建設予定

0 任天堂 

マリオワールド

本日6月8日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、任天堂キャラクターの世界観をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD」の建設着工式が開催されたそうです。そして、エリア イメージ動画も公開されています。

式典にはマリオ、任天堂株式会社 代表取締役 クリエイティブフェローの宮本茂氏、ユニバーサル・パークス&リゾーツ バイス・チェアマン兼ユニバーサル・クリエイティブ プレジデントのマーク・ウッドベリー氏、株式会社ユー・エス・ジェイ 代表取締役 CEOのJ.L.ボニエ氏が登壇したとのこと。

「SUPER NINTENDO WORLD」は、ハリポタの400億円を超える600億円超の巨大プロジェクトとして進行していることが判明。また、マリオカートが世界最新鋭アトラクションとして登場することも明らかになりました。公式サイトも更新されています。

任天堂の人気キャラクターやゲームの世界を再現する『SUPER NINTENDO WORLD™』が、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®に世界で初めてやってきます。

『SUPER NINTENDO WORLD™』は、複数のアトラクションやショップ、レストランなどを有する二層構造の巨大複合エリアとなり、あの「マリオカート」も、数々のエンターテイメントを世に送り出してきたユニバーサル・スタジオのクリエイティビティと、世界最新鋭の技術を駆使して、テーマパークの常識を覆すアトラクションとして登場します。

まさに体ごと任天堂ゲームの世界へ入り込み、熱中できるパーク体験をお届けします。

任天堂のテーマエリアは、米国オーランドおよびハリウッドと日本の世界3か所のユニバーサル・スタジオのテーマパークにオープンしますが、このユニバーサル・スタジオ・ジャパンが世界で最初にオープンすることになります。 オープンは2020年東京オリンピック開催前を予定しています。

コメント 0 件