ノーマンズスカイ:パフォーマンスやAlt+Tabの挙動を改善するベータパッチ配信

0 ノーマンズスカイ   

ノーマンズスカイ

本日、Steam版のNo Man’s SkyにてパフォーマンスやAlt+Tabの挙動を改善するベータアップデートパッチ配信されています。問題がなければ来週初めに全てのプレイヤーに配信されるとのこと。「Experimental」と呼ばれるベータを選択する必要があります。

ベータパッチ インストール方法

  1. Steamライブラリ → No Man’s Skyを右クリックしてプロパティ
  2. ベータタブを選択し、アクセスコードに”3xperimental”を入力、認証
  3. 参加希望のベータに「experimental-Experimental」を選択
  4. 更新データを適用させます。また、初回起動時は動作が重い場合があります。

パッチ内容

AMD Phenom サポート改善
AMDのCPUを改善するため、コードを一晩中書きなおしました。
Alt+Tabの挙動改善
一部のシステムや設定がクラッシュしたり、Alt+Tabが正しく動作しない場合がありましたが、解決されました。
シェーダーキャッシュ
一部のシステム上のGPUでシェーダーが正しくキャッシュされないため、FPSが低下していた。GPUキャッシュシステムを書き換えています。ベータパッチ適用後、最初の銀河マップイントロ間は動作が重いかもしれませんが、その後はスムーズに動作します。特にATIカードでは改善される。
マウスの挙動
マウスの動きがスムーズになりました。マウススムージングオプションで調整可能です。(日本語版では感度になっています。)
上限FPSの設定
特定のCPU/GPU構成にて60、30に設定するとFPSを低下させていたが改善された。
パフォーマンスの強化
4スレッドまたはそれ以下のCPUでのパフォーマンスが向上
インテル製GPU
ゲームにサポートされないGPUの場合、ユーザーに知らせるようになりました
Gsync
一部のユーザーに問題を引き起こしていたGsyncがデフォルトで無効になりました

おすすめページ ノーマンズスカイ攻略記事

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。