オーバーウォッチ:アサルトマップの追跡システムを最低33%にする変更を実施予定

0 オーバーウォッチ    

overwatch

オーバーウォッチのアップデート1.10.0.2/2.09で導入されたアサルトマップの引き分けを減らすシステムの改善について公式フォーラムで説明されています。今までのシステムでは0~100%でしたが、変更後には33~100%になるようです。

拠点取得率追跡システムの調整について

  • PTRで導入され、ライブサーバーに適用されたシステムではAチームが0%だった場合、Bチームは1%だけ進行させればいいので、防衛するには常にキャプチャポイント内に誰かいなければならないので不利、または芋られるので攻めづらいことを意味します。
  • また、新しい勝利条件を理解していてもキャプチャし始めた瞬間に勝敗が決定することがあるので混乱を招くこともありました。
  • これにより導入したシステムに改善を加え、単に敵チームより1%多く進行させるのではなく、最低33%の進行率を達成する必要があります。

例1:
Aチームは10%まで進行させた
Bチームは20%まで進行させた
結果 → 両チーム33%を超えていないため、引き分け

例2:
Aチームは90%まで進行させた
Bチームは40%まで進行させた
結果 → A勝利

例3:
Aチームは完全に2拠点を取得し、残り時間3分
Bチームは完全に2拠点を取得し、残り時間なし
次のラウンドでAチームは残り3分で33%進行させればAの勝利、33%未満なら引き分け

これらの例はアサルトマップですが、このシステムはハイブリッドマップの最初の目標にも影響します。変更後は現行ルールよりも僅かに引き分けが増えることになりますが、勝利の瞬間と攻防を明確にすることは意味があることと説明しています。この変更は今後のパッチで適用される予定です。

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。