オーバーウォッチ:チートツール販売会社に勝訴!約9.4億円の損害賠償が決定

0 オーバーウォッチ   

overwatch

オーバーウォッチを開発するBlizzardは、オンラインゲームのチートプログラムを販売するドイツのBosslandに勝訴し、裁判所は著作権侵害として856万3600ドルの損害賠償を命じています。

Bosslandは、Overwatchだけでなく、World of Warcraft、Diablo 3、Heroes of the Storm、Hearthstoneなど複数のBlizzardタイトルのチートプログラムを開発し、販売してきました。これを受けてBlizzardは2016年7月にカリフォルニア連邦地方裁判所に訴訟を申し立て、850万ドルの損害賠償を求めていました。

勝利

先週、裁判所は米国内における42,818件の被害に対して、856万3600ドルの損害賠償と17万4872ドルの法的費用の支払いを命令。さらに、米国内でのマーケティングや販売を禁止しました。

Blizzardは公平なゲームプレイを目指すため、Bosslandに対して多くのお金を費やしたそうです。Blizzardはチート行為を徹底的に排除する姿勢を取っており、定期的に多くのプレイヤーがアカウントBANされています。

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

コメント 0 件