オーバーウォッチ:ペイロードに乗ってる人は誰? / ソンブラ開発時のハッキング効果案

0 オーバーウォッチ    

overwatch

オーバーウォッチ公式フォーラムにてユーザーの質問に開発者が回答した内容を紹介します。今回は「俺はお前の演技力に金払っているわけじゃねーんだよ」と言うハリウッドのペイロードの中の人について、ソンブラ開発時に試されたハッキング効果について開発者がコメントしています。

―― ハリウッドのペイロードに乗っている人は誰?

Michael Chu氏:あなた達がエスコートしているのは、ハリウッドの著名な映画監督、プロデューサー、脚本家であるHAL-Fred Glitchbot氏です。彼の主な作品は「They Came From Beyond the Moon」「Six-Gun Killer」「Junkenstein」などです。

彼はハリウッドにいる間、反オムニック勢力に襲撃を受けました。命を狙われている彼を守るためにオーバーウォッチが送り込まれました。

―― ソンブラのハッキング案を思いついた。タレットをハックして敵チームではなく、自チームを攻撃させるようにするというもの。この案を開発中にテストしてみたことはありますか?

Geoff Goodman氏:私たちは、実際にこれを試しました。ですが、ソンブラが敵チームに居るとトールビョーンをすぐに変えなければならないように感じた。自チームのタレットでキルされると、チームメイトはトールビョーンに怒ることでしょう。

またソンブラは、キャプチャポイントやペイロードといったオブジェクトを直接ハックするアビリティを所有していました。ソンブラがそれらをハッキングすると、彼女が上に立っているようなホログラムが描写されます。敵チームはホログラムを破壊することができず、それが持続する限り、目標にアタックし続けなければなりませんでした。

それはイライラが溜まることになり、ソンブラは再度ハッキングするために目標の周りを隠れて走り回るだけになってしまっていました。

HAL-Fred Glitchbot氏の作品

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

関連コンテンツβ
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。