PSVRは2016年10月に5万で発売!いろいろと残念な結果に…

0 プレイステーション    

GDC2016にてプレイステーションVR(PSVR)の価格や発売日などが発表されました。

PlayStation VR

  • 名称:「プレイステーション ヴィーアール」型番 CUH-ZVR1シリーズ
  • 発売月:2016年10月
  • 価格:48,578円(税込)
  • 内容物
    ・VRヘッドセット× 1
    ・プロセッサーユニット× 1
    ・VRヘッドセット接続ケーブル× 1
    ・HDMIケーブル × 1
    ・USBケーブル× 1
    ・ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)× 1
    ・電源コード× 1
    ・ACアダプター× 1
  • その他:THE PLAYROOM VR 無料提供

残念な内容

399USドルなのに44,980円(税抜)
ゲーム関連は1ドル100円換算されることが多いですが、PSVRはそうじゃありませんでした。
Oculus Riftに比べると高い
Riftは、ハイスペック、ソフト2本同梱+Xbox Oneコントローラー+センサー付属でアメリカで599ドル。PSVRは、ミドルスペック、ソフト1本無料でPSムーヴもPSカメラの付属せずアメリカで399ドル
発売日延期
2016年上期としていた発売日が2016年10月に。Gamestopの秋という発言は本当だったということになりました。

PSVRは、お手頃な価格・利益の出ない価格と発言していましたが、こんな結果になってしまいました。Oculus RiftとHTC Viveの予想以上の価格発表により、PSVRも若干高めに設定された感があります。また、必須であるはずのPSカメラが同梱しないのも驚きです。

プレスリリースに「PS VRをお買い上げ後すぐにVR体験お楽しみいただけるよう」と記載されているので、もしかするとPSカメラは必須ではないのかもしれません…。

公式サイトでヘッドセットを装着している人が外国人に変わってるし日本はどんどん軽視されていきます。

関連記事:【PSVR】プレイステーションVR 対応ソフト一覧

おすすめページ PSVR情報データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。