ロケットリーグプレイヤーに朗報!XboxOneのクロスプレイ対応により人口増加

0 ロケットリーグ   

ロケットリーグ

ロケットリーグはPS4とPCはクロスプレイに対応していましたが、XboxOneはXboxOne側の問題により対応することが出来ませんでした。ですが、先ほど発表された新機能「Cross-Network Play」により他の機種ともマルチプレイができるようになります。

発表された内容によると、「Cross-Network Play」はXboxOneとWindows10のクロスプラットフォームプレイをサポートすることに加え、Xbox Liveを使用してクロスのネットワークプレイをサポート。

Xbox Liveを使用して、XB1およびWindows10は、他のコンソールとPCネットワークなど様々なオンラインマルチプレイが可能となる。開発者はクロスプレイに対応させるか選択できるとのこと。

ロケットリーグを開発するPsyonixも発表。ロケットリーグとXboxOneのクロスネットワーク対戦はすぐに現実のものとなる。

XboxOneのクロスネットワーク対戦に対応する最初のゲームがロケットリーグであるということは光栄で興奮している。我々は全てのプラットフォーム上で完全なオンラインプレイを追求することが夢だった。今春を予定しているそうです。

PS4の文字はどこにも記載されていませんが、”他のコンソール”というのと”全てのプラットフォーム”と記載されているのでPS4のことだといろんな情報サイトで報じています。

ロケットリーグが機種関係なくプレイできるようになればPS4/PCとXB1で分割されていた人口が一つとなり、プレイ人数の少ないプレイリストでも今よりマッチングしやすくなることでしょう。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。