ロケットリーグアプデ情報: バージョン1.10が配信。競技場やDLC追加など

ロケットリーグ

本日からバージョン1.10 容量3.756GBのパッチが配信されています。DLCの追加、競技場の追加、パフォーマンスの向上などです。

バージョン1.10 パッチノート

ヘッドライン

  • “Chaos Run” DLC Packを追加
  • (DLC) 2つのバトルカー:Grog, Ripper
  • (DLC) 6つのデカール
  • (DLC) 2つの塗装:Camo, Sun-Damaged
  • (DLC) 2つのホイール:Grog, Ripper
  • (DLC) 2つのロケットトレイル:Nuts & Bolts, Sandstorm
  • (DLC) 3つのトッパー:Boombox, Cow Skull, Mohawk
  • (DLC) 3つのアンテナ: Bomb Pole, Radioactive, Retro Ball – Wasteland
  • 新しい競技場”Wasteland”の追加(日本語名:荒野)
  • Portalテーマのロケットトレイル3つ追加
  • Portalテーマのビデオゲームアンテナを6つ追加

変更要素とか

  • メインメニューを荒野に設定
  • メインメニューのテーマを“Scorched Earth (Chaos Run Theme)”に設定
  • タイムワープとビーチボールは、ミューテータマッシュアップから削除された
  • [PS4] 全体的なパフォーマンス向上
  • 全ての競技場で芝生のレンダリングパフォーマンス改善

不具合修正

  • メインメニューのサウンドトラックに“Breathing Underwater (Ether Remix)”が戻ってきた
  • [PC] ミューテータ設定メニューのスローモーションのテキストを正常に表示

“Chaos Run” DLC Pack 概要

今までで一番いいDLCだと思います。Steam $3.99 国内版PS4 600円

最新のDLCパック”Chaos Run”では、世紀末後の世界を残酷かつパワフルに表現。目的は、ただ生き抜くこと…サッカーをすること…。

過去記事:ロケットリーグ: 12月に無料の競技場と危険DLC”Chaos Run DLC”が配信予定

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。