【SWBF】スターウォーズ・バトルフロントに搭載されるゲームモードまとめ

2015年8月16日  0 スターウォーズ バトルフロント    

スターウォーズ・バトルフロントの情報は小出しされていて情報が散らばっています。ですから、スターウォーズ・バトルフロントで搭載されるゲームモードをまとめます。2015年8月16日時点で判明しているゲームモードです。

スターウォーズ・バトルフロントのゲームモード

大規模な8~40人用モードまで様々なアクションを楽しめるゲームモードが用意されるとのこと。

サバイバルモード

いわゆるCO-OPモード。プレイヤーが協力して、ストーリーやミッションをクリアしていくモード。映画「スターウォーズ」の初期3部作を再現しているとDICEは言っています。

ファイタースコードロン

ドッグファイトを楽しめるゲームモードで空中戦が繰り広げられます。最大20人のプレイヤーが参加し、AI機も交えながら激しい戦闘に挑むことができます。

ブラスト

反乱同盟軍と帝国軍に分かれて10人対10人で戦うチームデスマッチ。先に100キルを挙げるか、10分間の制限時間終了時に優勢に立っている側が勝利します。

スプレマシー

コンクエストにあたるゲームモード。マップ上に5つのコントロールポイントが配置される。ラウンド時間は10分。各チームは2つのコントロールポイントを確保した状態で試合が始まるため、最初の戦いは中央にあるコントロールポイントが激戦区となります。ほぼ全てのビークルが戦闘に参加するとのこと。BFシリーズのコンクエストが好きなファンなら必ず気に入ってくれるだろう。

ウォーカーアサルト

AT-ATウォーカーを中心に展開する激しいマルチプレイヤー対戦を体験できます。大規模な40人対戦で反乱同盟軍となってAT-ATの進撃を止めるか、帝国軍となってAT-ATを守り、反乱同盟軍の基地を壊滅させるかが目的です。攻守が別れるゲームモードです。

ドロップゾーン

目的は地上へ落下してくる脱出ポッドの確保です。8対8のモードで勝利には戦闘と戦略両面のスキルが求められ立ち回りが重要となります。拠点が1つの旗取りモードです。拠点をどちらかのチームが取得すると場所がかわります。

カーゴ

キャプチャーザフラッグのようなゲームモード。物資が詰まった敵のカーゴを奪取し、自陣に持ち帰る。自陣のカーゴを守ることも重要。

ドロイド・ラン

6名の反乱同盟軍兵士と6名の帝国軍兵士が通称「ゴンク・ドロイド」の起動と確保をめぐり争う

ヒーローVS.ヴィラン

自陣営のヒーロー/ヴィランを守りながら勝利を目指せ。

スターウォーズ バトルフロントは、PC/PS4/XB1で2015年11月19日に発売予定です。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。