【SWBF】最近判明した情報。モードやPC最小スペックなど

0 スターウォーズ バトルフロント     

スターウォーズ バトルフロント

ちまちまと小出しされているスターウォーズ バトルフロントの情報。最近判明して記憶に残っているものをいくつか紹介します。

判明したゲームモード

  • Walker Assault – ウォーカーアサルト:20vs20で防衛と攻撃で別れて戦う[動画]
  • Fighter Squadron – ファイタースコードロン:戦闘機の戦い
  • Supremacy – スプレマシー:詳細不明
  • Blast – ブラスト:詳細不明
  • Drop Zone – ドロップ・ゾーン:詳細不明
  • Cargo – カーゴ:詳細不明
  • Heroes vs. Villains – ヒーローvsヴィラン:詳細不明
  • サバイバル:ミッションモード、1人でも協力プレイでも可能、15ウェーブのウェーブ制

スターウォーズ バトルフロント最小スペック

一部のユーザーを招待し、クローズドアルファテストを実施することが告知され、クローズドアルファでの最小動作要件が判明しています。このテストは、海外の7月2日から行われます。また、以下のスペックは製品版では緩和される可能性もあります。

  • CPU: Intel Core i5-2300 @2.8GHz or AMD PhenomII x4 955 @3.2GHz or AMD FX-8350 @4.0GHz
  • RAM: 6GB
  • OS: Windows 7 SP1(64-bit), Windows 8/8.1 (64-bit)
  • ビデオカード: ビデオメモリ2GBを搭載したNVIDIA GeForce GTX 680 or AMD Radeon HD 7970

PCゲームはどんどん必要スペックが上がっていきますね。

AT-ATの経路はあらかじめ決まっている

このビークルは大きくて遅い。プレイヤーが自由に操作できてしまうとゲームバランスが壊れてしまうとのこと。バトルフィールドのガンシップみたいな感じですね。ガンシップは、ぐるぐる回ってます。AT-ATは、スタート地点からゴール地点までゆっくり進む感じですね。

ウォーカーアサルト映像

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。