AcerのWindows MRヘッドセットが日本向けに4万円(税込/送料無料)で予約受付を開始

0 PCゲーム   

エイサー

Microsoftが開催した「Build 2017」にて正式発表されたAcer製のMRヘッドセット「Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」が公式が運営するAcer Direct楽天市場店に登場しました。

MRとは?

MR(複合現実)とは、AR(拡張現実)をさらに拡張したような技術で現実世界の空間にバーチャルなオブジェクトを配置することができます。簡単に言うと劇場版SAOみたいな感じです。MRでは以下の動画のようなことができます。

SAOのインタフェースを再現したプログラムも既に登場しています。

Acer Windows Mixed Reality Headset Developer Edition

本製品は開発者向けとなり、2017年8月に出荷予定とのこと。ですが、状況により遅延する可能性あるようです。Windows Mixed Reality(複合現実)は 、モーションコントローラー、ゲームコントローラー、マウス、キーボードなどの様々な周辺機器からの入力が可能です。

開発者はユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)を使って開発を行います。低価格MRヘッドセットの登場でVR/MRコンテンツを開発者が作りやすくなります。

主な仕様

視野(FOV) 水平 95°(プレネルレンズ)
ディスプレイサイズ 2.89インチ×2
解像度 2,880×1,440(1,440×1,440 単眼)
ディスプレイリフレッシュレート 60 Hz(HDMI 1.4)/ 90 Hz(HDMI 2.0)
トラッキングセンサー ジャイロスコープ、加速度計、磁力計
トラッキングカメラ フロント部×2
サウンド ビルトインオーディオ、マイクロフォンサポート
端子 HDMI 2.0(ディスプレイ)/ USB3.0(4m)

パソコン推奨スペック

OS Windows 10 Creators Update(デベロッパーモードが必要になります)
CPU Desktop: Intel Desktop i7 (6+ Core) OR AMD Ryzen 7 1700 (8-Core, 16 threads)
グラフィックカード Desktop: NVIDIA GTX 980/1060 | AMD Radeon RX 480 (8GB) equivalent or greater | DX12 and WDDM 2.2 capable GPU
グラフィックドライバー Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2
電源 15W もしくはそれ以上
HMD コネクター HDMI 1.4(60 Hz)または HDMI 2.0(90 Hz)
HMD 用 HDMI ポートが必要です
RAM 16 GB 以上
ストレージ 10 GB 以上の空きスペース
USB USB3.0 Type-A
HMD 用 USB ポートが必要です
※USB は 900 mA 以上の電流を供給できること
Bluetooth Bluetooth 4.0(アクセサリーとの接続に必要)
関連コンテンツβ
コメント 0 件