【スプラトゥーン】完成披露試射会(体験版)の個人的評価や感想とか

0 スプラトゥーン   

スプラトゥーンってタイピングしにくいですよね。スマホだと問題ないでしょうけど。あと、試射会もすんなり変換されるわけないので普通に体験版として打ち出したほうが良かった気もしますよね。

関連記事:【スプラトゥーン】土曜は体験版を!アミーボも発売されるぞ!

“お昼の部”の完成披露試射会(体験版)は終了しました。

12時~13時のオンライン対戦を体験してきました。普通におもしろかったですよ。ただ、オンラインのゲームモードが1つしかないので、長期間遊べなさそうな気はしますが。そのうち無料アプデで1つゲームモードは追加される予定です。発売時点でのオンラインのゲームルールは2つあるようです。1つはナワバリバトル、もう1つはガチエリア。ガチエリアは、最初解除されていなく、ランク10に達したプレイヤーが一定数になったら解放される。無料アプデで入るルールは、ガチヤグラ、ガチホコだ。

結構な人数接続されていたと思われますが、通信エラーは数回発生しただけでした。夜の部はもっと発生するかもですね。

ゲームモードがオンラインは1つしかないため、重要になってくるのがマップの数と武器の豊富さです。マップの数はまだ判明していません。

次の夜の部は、20時~21時です。

操作方法など

カメラオプション:ジャイロのオンオフ、カメラ感度、カメラ反転の設定が可能
味方をタッチ:その場所へ飛ぶ
ZR:武器発射 ZL:イカになって潜る
R:サブウェポン使用 R押し込み:スペシャル使用 X:ジャンプ
プロコン使用不可

ミニゲーム操作方法
ZR:ジャンプ(長押しで溜める) Lスティック:移動

武器など

体験版では、4つの武器セットから選べました。メイン、サブ、スペシャルと分かれていて、メインは連射可能な「わかばシューター」「スプラシュータ」広範囲にインクを塗れる「スプラローラー」長距離が可能な「スプラチャージャー」がありました。

サブウェポンは、どれも投げるグレネートでした。製品版では投げるグレネード以外もある模様。スペシャルは、グレが連射できたり、自分を守れるようになったり、謎の武器を設置できたりできました。

インクがあるかぎり、武器は発射できます。インクがなくなるとイカになってもぐってインクを補充します。一定時間生き残っていればスペシャルが使用可能となります。

おそらくプレイした誰もが思ったのが、スプラローラーが強すぎです。長押しをすることでローラーとしてインクを広範囲に塗れ、敵をひくとそのままキルが可能。スプラローラー同士がひきあうと相撃ちとなります。難しいのがスプラチャージャーです。インクの塗れる範囲もせまく、敵も殺しにくいですね。コントローラーでするスナイパーって難しいですしね。

これだけのためにWiiU買う人は少ないかもしれませんが、RPGが好きならゼノブレイドクロスがあります。スマブラ好きならスマブラもあります。マリオカートもあります。今後、リズム天国やどうぶつの森も出ると思います。WiiUは、任天堂ソフト専用機として買う物です。

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。