VRの時代が始まる前にダンボールVRを体験してみては?Google Cardboard

0 ゲーマーが気になる情報   

Cardboard

Google Cardboard

家電見本市であるCES2016が開催されたことでPSVR・SteamVR・Oculus Riftに関する様々な情報が出てきてVRを早く体験してみたくなりました。1,500円からVRを体験できるダンボールVRゴーグルのGoogle Cardboardを購入しました。

Google Cardboardとは、Googleが提供するCardboard図面に合わせて、ハコスコが製造を行った、二眼のダンボール製スマホVRビューワー。現在販売されているモデルは、2番目(バージョン2)のもので2015年発表モデルとなっています。

Google Cardboardとスマホが必要です。App StoreやGoogle Playで公開されているVRアプリを使用して楽しみます。マジカル・アイのように立体的に見える部分に目を合わせます。簡単に合うアプリもあれば、まったく合わないアプリもありました。

Google Cardboardを購入しなくても自作することも可能です。(Cardboardの作り方:週刊アスキー)

初めてのVR体験。アプリを開始、スマホをセット、ゴーグルを装着します。「おおおおお、すげえええええ」そして、1時間で満足しました。VRアプリがあんまりないのと、スマホなので描画とか限界があるのと、目が疲れます。あとものすごい電池消費量。すぐスマホが熱くなります。ですが、プチVRを体験できます。

VRアプリ

Cardboard
Google公式アプリ。デモのようなアプリです。ストリートビューも楽しめます。
App Store/Google Play

ユニティちゃん with Cardboard
Unity Technologies Japanの公式キャラクターユニティちゃんのライブを見れます。結構いい感じ。
Google Play

VR Roller Coaster attraction
ジェットコースターに乗った感覚を体験できる。
Google Play

InMind VR (Cardboard)
簡単なゲーム。結構綺麗。
App Store/Google Play

VRアプリ紹介動画

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。