PS VR (モーフィアス)とオキュラスの発売日や価格など情報まとめ

6 ゲーマーが気になる情報       

PS VR

ゲーム体験が進化するVR

3D対応のゲームとか一時期発売されていたが、そんなに話題になることなくすぐに消えた。そして、新たなゲーム体験ができるバーチャルリアリティシステム(VR)の時代が始まる。頭にとりつけ、頭の動きに合わせて画面が動くというもの。

PS VR / モーフィアス – Morpheus

ソニーがPS4向けに開発しているVRのProject Morpheus(プロジェクトモーフィアス)。同時にPSカメラやPSムーブと合わせて使用する。現在は、有機ELディスプレイ、3Dサウンド、120fps映像というスペックになっている。

【追記】
正式名称は、「PlayStation VR (PS VR)」に決定しました。

モーフィアス

PS VRのコンテンツは最初ゲームコンテンツを重点的に配信していく。その後ゲーム以外のコンテンツで動画・音楽などのコンテンツを予定している。

PS VR(モーフィアス)の発売日や価格

2016年6月までに発売されるとのこと。価格については「手頃な価格」という発表しかないですが、噂では3万円前後だという情報があります。これはPSカメラ込みの値段で、単体だと25000円前後になるのでしょうか。周辺機器としては決して安い金額ではないですが、Vita+メモリーカードとPS VRどっちが買いたいかと言われたらPS VRでしょうね。でも、遊ぶならPS VRとPSカメラとPSムーブと対応ソフトが必要です。

【追記】
ゲーム機本体と同じくらいの価格になるだろうとコメントされました。3万~4万円ぐらいでしょうか。

PS VR(モーフィアス)紹介動画

関連記事:PS VR(モーフィアス)で体験できるゲームやデモを調べてみた

オキュラス – Oculus

Oculus VR,Inc.がPC向けに開発しているVRのOculus Rift(オキュラスリフト)。PS VR(モーフィアス)よりも先に開発が始まりました。オキュラスはゲームもできますが、ゲーム向けというより映画などの映像を楽しむコンテンツ向けのようです。オキュラスを利用するには、ハイスペックPCが必要なようです。

PS VR(モーフィアス)よりもオキュラスのほうが高解像度で視野角が広いです。

【後日追記①】
一般販売されるオキュラスは、Windows10搭載PC経由でXbox Oneのゲームが可能に。Xbox Oneコントローラーも付属。

【後日追記②】
Microsoftと提携。Microsoftがオキュラスのレンズを改良し、画質が大幅に向上した模様。

【後日追記③】
Oculus Touchの発表。コントローラー2つあり、片手で1つずつ持つタイプ。発売は本体より遅れる。

【後日追記④】
Oculus Homeの発表。steamのようなゲーム配信プラットフォームとなる。

オキュラス

オキュラスの発売日や価格

2016年Q1(4月~6月)に発売されるとのこと。価格は開発キットが$350で現在提供されており、一般販売は$300以下になるのではないかと予想されています。 $350~$400ではないかと言われています。

オキュラス紹介動画

どちらも頭にフィットして、メガネをかけたままでも装着可能だそうです。

関連記事

当ページの情報たまに更新・追記をしていますが、最新情報ではありません。PS VR(モーフィアス)、オキュラス共に開発中ですので変更されることは大いにありえます。

おすすめページ PSVR情報データベース

コメント 6 件

コメントする

  • え?
    PSムーブが必要なの? カメラは分かるとしてなんでPSムーブ…

  • >>1 必須かどうかはわかりません。操作をコントローラーでするものもあるでしょうし、PSムーブでしか対応していないソフトもあると思います。PSムーブのようなモーフィアス専用コントローラーが出る可能性もなくはないです。

  • オキュラスのほうが上ですよ
    さすがになんちゃってVR機のモーフィアスに抜かれるというのは、ない

  • オキュラスはプラットホームがWindowsだからなぁ
    海外の超絶3DゲームがPCでそのままできそう。

    モーフィアスはPS4まで買わないとダメがネック

  • オキュラスの動作環境が現在のハイスペックだから
    数年してPCの性能が底上げされてからじゃないと手を出せない人多いんじゃないかなー

  • ※4
    PSVRはハード固定だからファースト、サード共に開発がし易い。サポートも充実。
    海外の超絶3Dゲームもどんどんリリースされる。

    Oculusは動かすのに必要なハイスペックPCまで買わないとダメがネック