オーバーウォッチ:記念イベントのアリーナ用小マップ3種が公開!過去に音声データも発掘?

2017年5月19日  0 オーバーウォッチ    

overwatch

5月24日から開催されるオーバーウォッチのアニバーサリーイベントに実装されるというアリーナマップ3種が公式Twitterより公開されています。

映像を確認すると、Eichenwalde、Temple of Anubis、Doradoの一部エリアが利用されると思われます。公式はこの3マップをアリーナマップと呼びましたが詳細は不明です。

オーバーウォッチのアリーナと言えば、2016年11月に発掘された音声データを思い出します。クリスマスイベントに使用されるかと思われましたが、まだゲーム内では使用されていないようです。見つかったデータはアテナが喋る「Now Entering the Arena. (アリーナに入場)」「Challenger (チャレンジャー)」「Gladiator (グラディエーター)」です。チャレンジャーとグラディエーターに分かれて戦うのかもしれません。

【追記】
開発者によると、アリーナマップは南極マップのような小さなマップとのこと。1v1、3v3、その他ルールで使用することができ、アーケードの一部になるようです。また、カスタムゲームで使用することも可能。

1周年記念イベント「Overwatch Anniversary」は5月24日から6月13日までの3週間開催され、100種類以上の限定アイテムが追加される予定です。

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。