オーバーウォッチ:公開テストサーバーオープン!ランクマッチもプレイ可能

0 オーバーウォッチ   

overwatch

本日よりPC版限定でPublic Test Region (PTR/公開テスト)が開始。製品版に適用されるパッチをテストするためのサーバーです。公開テストクライアントには現在1.0.5.1.29782が適用されており、ランクマッチがプレイ可能となっています。

Public Test Region (PTR/公開テスト)

  • Battle.netアプリのサーバー選択(地域/アカウント)から公開テスト:オーバーウォッチを選択してプレイ。専用クライアント(約6.5GB)をインストール。
  • 一部以外はローカライズ済みということなので日本語でもプレイ可能。
  • 中国以外の全地域のアカウントが対象だがサーバーは南北アメリカ地域のみ。
  • PTRの同時接続プレイヤーは1万人を限定。上限に到達すると順番待ちになる。
  • 数日前の製品版データがPTRに転送されている
  • PTRの進行は製品版には転送されない。課金アイテムは無効化されている

新機能:Competitive Play (ライバルプレイ/ランクマッチ)

レベル25に到達したらランクマッチにアクセスすることができます。まず、10試合プレイしてスキル評価が決定されます。その後、同様の能力レベルのプレイヤーとマッチングされ約2ヶ月半のシーズンを通して戦います。成績に応じてスプレー、プレイヤーアイコン、ライバルダスト(ゴールデンガン通貨)を獲得できます。

ゲームの途中で退出すると直前の試合が終了するまでゲームに参加できなくなります。継続して退出を繰り返すとランクマッチのプレイが制限されることがあります。

シーズン1の終了日は8月18日。シーズン終了後にスペシャル報酬をゲット (プレイヤーアイコン、スプレー、ライバルダスト)。ライバルダストを使ってヒーローのゴールデン武器を購入します。ゴールデン武器は1つ300ダスト必要です。

最初に10戦してスキルが決定したら画像中央のスプレーが貰えるようです。シーズン終了後、トップ500以内だとこのスプレーのアニメーション付きバージョンが獲得できる模様。(波と灯台が動いているスプレー)

[左] スキルレート
・スキル認定マッチは10回
・スキルレートは1~100の間で決定
・スキルレートは勝利、敗北によって変動
[中] ライバルプレイマッチ
・マッチは複数ラウンド形式
・目標を達成してポイントを獲得
・より多くのポイントを獲得すると勝利。同点の場合はサドンデス
[右] シーズン
・3ヶ月ごとに新シーズン
・スペシャル報酬を獲得可能
・各シーズンごとにスキル認定再開

とりあえず、1戦やってみたらハイブリッドモードに。味方も敵も強く熱い戦いを体験でき面白いモードとなっています。攻撃側でペイロードを目標に到達させ、ラウンド1終了。3ポイント獲得しました。

チームメイトは同じままで防衛側が始まります。A拠点も取らせず防衛したらマッチ勝利となりました。勝ったから貰えたのかマッチ完了したから貰えたのかはわかりませんが、ライバルダスト1つ獲得しました。これを合計10回するとスキルが決定するわけです。

変更・追加

ゲームパッド

  • コントロールパッドの左右スティックを入れ替え可能
  • スティック操作 (レガシー)を追加
  • デッドゾーンの操作を改良。スティックの動き精度の向上

その他

  • ウィドウメイカーのULT「インフラサイト」を発動すると彼女の声がマップ全体に聞こえるように
  • ヒーローギャラリーに武器セクション追加
  • マクリーがAI対戦、カスタムゲームモードにAIとして追加
  • ヒーロー選択やマッチ終了画面に様々なソーシャルオプションを追加
  • ゲーム内UIから”このプレイヤーを回避”機能オプションを削除
  • 複数の不具合修正

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。