『Until Dawn -惨劇の山荘-』シチュエーションを紹介

0 プレイステーション 

※ちょっとネタバレに注意の記事です。

Until Dawn -惨劇の山荘-

本日8月27日発売の新作ホラーゲーム『Until Dawn -惨劇の山荘-』で起こる惨劇。シチュエーションを紹介する。

10人の若者達は、休暇を楽しむため、冬の山荘へ訪れる。そのうちの一人、ハンナが仲間から嫌がらせを受け、雪山に飛び出したことから悲劇は始まった。山を走るハンナ、その後を追う双子の姉妹ベスは、雪に飲み込まれ行方不明となってしまった。

この二人が消息を絶ってから1年、彼女たちの兄・ジョッシュの呼びかけで8人は再び山荘に集まることに。だが、自分たち以外に山荘に何者かの気配がする…。奇妙な現象、忍び寄る脅威。そして、惨劇が幕を開ける―。

プレイヤーはシーンごとに切り替わる8人を操作し、ホラー映画に介入するように彼らの運命を操ることになる。このゲームに採用されている”バタフライエフェクトシステム”によって、些細な行動や選択がのちに重要な影響を及ぼすようになることも。選択肢の中には時間制限があるものも存在するという。

クリスとアシュリーを襲う惨劇

クリス:雑学と機械が好き。アシュリーに恋心を寄せている。ジュッシュとは親友で、1年前に双子の妹たちを失った彼を気にかけている。

アシュリー:頭脳明晰で真面目な女性。クリスの気持ちに気づいており、なかなか告白してこない彼にやきもきしている。

殺人鬼にさらわれてしまったアシュリーを追い、雪山を探索するクリス。血痕をたどり物置小屋に入ったクリスは、囚われているアシュリーとジョッシュの姿を目のあたりにする。すぐに助けようとするクリスだったが、2人の前にはレールに乗った回転ノコギリが設置され、2人に近づいてゆく…。レールの行き先を愛するアシュリーとするか、親友のジョッシュとするか、究極の選択を迫られてしまう。

マットとエミリーを襲う惨劇

マット:アメリカンフットボールの選手で献身的な性格。恋人のエミリーにいいように使われることが多い。エミリーの元カレ・マイクの存在を苦々しく思う。

エミリー:ファッションにこだわりを持っている意思の強い性格。元カレ・マイクをジェスに奪われたため、あまり好みでないがマットと付き合っている。

殺人鬼の存在を知ったマットとエミリーは、通信塔から外部に助けを求めることに。通信塔にたどり着き外部との連絡に成功した2人。しかし、何者かが塔を支えるワイヤーを切断した。マットとエミリーは塔ごと倒壊してしまう。

マイクとジェスを襲う惨劇

マイク:学校で人気者のプレイボーイ。エミリーと別れ、現在はジェスと付き合っている。エミリーの現在の彼氏であるマットとはたびたびぶつかり合う。

ジェス:明るくていたずら好きの性格。マイクをめぐり、エミリーとは険悪な関係にある。

仲間たちから離れ、山荘とは別のロッジで2人だけの時間を過ごすマイクとジェス。しかし、何者かの影が忍び寄り、人間とは思えない力でジェスをさらっていく。恋人をさらわれたマイクは、ロッジにあった銃を手に後を追う。

何者かに引きずられるジェスを目撃するが、追いつくことはできない。そしてマイクは閉鎖された炭鉱に足を踏み入れた。そこでボロボロの姿になったジェスを発見。彼女がまだ息をっしているのかはわからない。

これまでの選択の積み重ねにより、すでに運命は決まっていたのかもしれない…。

「あの時こうしていたら……

関係がぎくしゃくしてますな。

source:playstation.com

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。