Nintendo Switch「バイオハザード7 クラウド版」が5月24日に発売決定!180日2000円

0 任天堂   

任天堂

カプコンがNintendo Switchソフトとして、「バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン」を5月24日に発売するとアナウンスしました。

Nintendo Switch「バイオハザード7 クラウドバージョン」

Nintendo Switchに「バイオハザード7」がクラウドゲームで登場。
美しいグラフィックが織りなす“圧倒的な恐怖”が絶賛された『バイオハザード7 レジデント イービル』を大容量のゲームデータのダウンロードが手間なく、クラウドサービスですぐに楽しむことができます。

クリス・レッドフィールドの活躍を描いたエピソード「Not A Hero」、エピローグとなる追加エピソード「End of Zoe」など全ての追加コンテンツを収録。

TVモード、テーブルモード、携帯モードでプレイでき、Joy-Conならではの直感的な操作方法も追加されています。

※本サービスの表現は「グロテスク バージョン」に準拠しているため、18歳未満のお客様はプレイできません。

バイオ7 クラウド版について

常にサーバーと通信するクラウドゲームのため、プレイには安定したネットワーク環境が必要となります。公式では、Wi-Fi 802.11ac 5GHzもしくは有線LANアダプターを推奨しています。

ゲームは無料の専用ソフト「BIOHAZARD 7 resident evil cloud version」を使用してプレイします。「ニンテンドーeショップ」から『BH7クラウド』と入力して検索してアプリをダウンロードする必要があります。

専用ソフトでは、最大15分間無料でゲームをプレイできます。15分経過すると「利用券」購入画面が表示されます。「ニンテンドーeショップ」にて「180日利用券」を購入する事で、引き続き製品版をプレイする事が可能になります。

ソフト概要

  • タイトル
    BIOHAZARD 7 resident evil cloud version
  • 機種
    Nintendo Switch
  • サービス開始
    2018年5月24日(木)予定
  • 価格
    2,000円(税込)/180日プレイ券
  • 必要な空き容量
    約45MB
プリペイド
ニンテンドープリペイド番号 3000円
任天堂、Nintendo Switch、3DS
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。