Ubisoft、今度のバトロワは「ゴーストリコン」で勝負!基本プレイ無料で100人以上プレイ

ghost recon frontline

Ubisoftは、基本プレイ無料の対戦型シューターゲームとして『ゴーストリコン フロントライン』をアナウンスしました。

ゴーストリコン フロントライン

Ubisoftは、基本プレイ無料のバトルロワイヤルとして、2020年7月に「ハイパースケープ」のオープンベータを実施。オープンベータは盛り上がりましたが、正式リリース後は盛り上がりに欠け、日本公式Twitterは2021年3月で更新が止まりました。

次は人気のあるIP「ゴーストリコン」のバトルロワイヤルゲームとして勝負するようで、シリーズ最新作となる『ゴーストリコン フロントライン』が明らかにされました。配信日は未定。対応機種はPC、PS5、PS4、XBOXです。

『ゴーストリコン フロントライン』の開発はUbisoft Bucharestが担当。高度なクラスシステム多彩な戦略支援ツールが用意され、これまでにない新たなバトルロワイヤルを体験できるとしています。

舞台は多様なランドマークや生態系が存在するドレイクムーア島。幅広い戦術のサポートツールを用意し、様々なゲームモードで自由な戦略でのプレイが可能。

バトルロイヤル

バトルロワイヤルとなる探索モードでは、3人1チームで100人以上のプレイヤーが参戦し、時間経過により狭まるサークルが存在しないオープンワールドで協力して目標を達成しつつ、軍事機密を収集、脱出時点を目指します。

クラスは3つから選択でき、戦術に合わせてそれぞれの傭兵のアップグレード、カスタマイズが用意されています。バトル中でもクラスの変更が可能。

  • アサルトクラス
    近接戦闘で耐久力があり、作成行動全般に適している
  • サポートクラス
    要塞建築アビリティによる優れた守備力を備えている
  • スカウトクラス
    地形把握能力に優れ、遠距離から報復の恐れなく敵を発見し苦しめる

ゲームの特徴

無限の戦略的柔軟性

戦闘の最中であっても、様々な傭兵を切り替えることができます。さらに、強力な威力を誇るオートタレットや煙幕ドローン、巨大なバリケードといった戦略支援を要請し、周囲の戦いの流れを変えることが可能。

勝利の手段は1つではない。戦いはどのような戦略的アプローチを取るかによって大きく変化します。

ユービーアイ

クラスに基づく分隊戦

奥が深く意味のあるクラスシステムを活用すれば、世界中から集まる仲間達とチームを組み、完ぺきな分隊を作り上げることができる。自分の戦略を戦場で運用し、洗練されたゲームプレイを楽しもう。

画像

広大な戦場

「Ghost Recon Frontline」の戦場はダークムーア島。戦いの真っ只中に身を置きつつ、様々な環境が存在するオープンワールドを探索しよう。

プレイヤーは、高山や過酷な砂漠、常に変わり続ける気候が存在し、幾つものランドマークが用意されたこの島で、否が応でも厳しい環境に適応しつつ、戦い続けなければならない。

ユービーアイソフト

欧州向けのクローズドテストが近日開催予定。PC推奨スペックは「Intel Core I7 6700K」「メモリ16GB」「Geforce GTX 1060 6GB」以上となっています。

発売時には探索モード以外も用意される予定とのこと。公式サイトはこちら

ゲーミングマウス Logicool GPRO
ゲーミングマウス Logicool GPRO
コアゲーマーが使う高性能マウス
MSI GeForce RTX 3070 Ti VENTUS
MSI GeForce RTX 3070 Ti VENTUS
人気メーカーの新グラボ
  • イノリーダー
  • Feedly
  • B!