富士通がWindows MRヘッドセットを発表!MRヘッドセットとノートPCをセットでも販売

0 PCゲーム    

PCVR

富士通クライアントコンピューティング株式会社は、複合現実世界「Windows Mixed Reality」が体感できる専用のMRヘッドセットを発売すると発表しました。同時にWindows Mixed Realityをすぐに楽しむことができるように、15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK AH-MR/B3」とセットになったモデルもアナウンスしています。

富士通 MRヘッドセット+コントローラ (FMVHDS1)

MRヘッドセットは、MicrosoftがWindows10に提供するWindows Mixed Realityに対応するデバイスで、AR/VR/MRの体験が可能です。富士通のMRヘッドセットは国内メーカー初となり、海外メーカーでは、Dell、Acer、Lenovoなどが開発しています。

主な仕様

視野角 90度または100度以上
ディスプレイサイズ 2.89インチ×2
解像度 2880×1440(1440×1440 単眼)
リフレッシュレート 60Hzまたは90Hz
センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、トラッキングカメラ
オーディオ マイク・ヘッドホン兼用端子(Φ3.5mmステレオ・ミニジャック)
端子 USB3.0、HDMI
本体質量 約415g(ケーブル含まず)

視野角90度または100度、リフレッシュレート60Hzまたは90Hzは、接続するPCスペックによって変わります。利用するにはCPU:Core i5以上、メモリ:8GB(4GB×2)以上、HDMI出力、USB3.0、Bluetooth4.0搭載などの動作要件に合わせた仕様選択と、OSの「Windows 10 Fall Creators Update」へのアップデートが必要です。

MRヘッドセット、コントローラと15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK AH-MR/B3」がセットになったモデルは富士通WEB MARTでクーポン適用価格237,945円(税込)で予約受付中。

MRヘッドセットとコントローラーのシングルパッケージは、2017年11月下旬に発売予定となっており、富士通WEB MARTでの販売価格は57,024円(税込)で予約受付中です。

コメント 0 件