ポケモンSVに登場する新ポケモン一覧!スカーレット・バイオレット

ポケモンSV

ポケモン完全新作となるNintendo Switchソフト『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に登場する新ポケモンが数十匹公開されています。

ポケモンSVに登場する御三家

草猫ポケモン:ニャオハ

ニャオハは「くさ」タイプの"くさねこポケモン"。きまぐれで甘えん坊。トレーナーが自分以外のポケモンをかわいがっていると拗ねてしまうこともあります。

前脚をふみふみとこすりつけることで、周辺に甘い香りを放ち、周りを魅了。この香りはアロマテラピー効果を持ち、相手の戦意を喪失させてしまうこともあるのだとか。

ふわふわの体毛の成分は植物に近く、日光を吸収してエネルギーを作ることができます。毛づくろいをして体毛に水分を与え、光合成をしやすくしているようです。

炎ワニポケモン:ホゲータ

ホゲータは「ほのお」タイプの"ほのおワニポケモン"。のんびりやでマイペース。食べることが大好きで、エサを見つけた途端、目を輝かせて飛んでいきます。

お腹と背中の四角いウロコから外部の熱を吸収して、ほのおエネルギーに変換します。ウロコは常にじんわりと暖かく、時には高温になることもあります。

頭の上でゆらめいているのは、体内から溢れたほのおエネルギー。ホゲータの感情が高ぶって興奮すると、炎の放出量も増えます。

子鴨ポケモン:クワッス

クワッスは「みず」タイプの"こがもポケモン"。トレーナーの後ろをついて回る、きまじめな性格。きれい好きで、特に頭が汚れるのを嫌がります。

羽から分泌するジェルが水と汚れを弾くため、体は常にツヤツヤ。特に頭の毛は水分たっぷりのクリームで撫でつけており、乾くとボサボサになってしまいます。

脚の力が強く、流れの速い場所でも自由に泳ぎ回ることができます。バトルでは高速で何度も相手を蹴りつけて攻撃します。

ポケモンSVに登場する伝説のポケモン

コライドン

コライドンは『ポケットモンスター スカーレット』で出会うことができる、伝説のポケモンです。他のポケモンたちをはるかに凌駕する力を持つと言われていますが、その生態は謎に包まれています。

ミライドン

ミライドンは『ポケットモンスター バイオレット』で出会うことができる、伝説のポケモンです。他のポケモンたちをはるかに凌駕する力を持つと言われていますが、その生態は謎に包まれています。

ポケモンSVに登場する新ポケモン

子犬ポケモン:パピモッチ

パピモッチは「フェアリー」タイプの"こいぬポケモン"。

しっとりすべすべとした触り心地の皮膚は、弾力があり、剛柔の性質を併せ持っています。感情が高ぶったときは、身体を膨らませて、自分を大きく見せて相手を威嚇するようです。

吐息に含まれている酵母でまわりのものを発酵させることができます。その酵母は、料理を作るのに役立つため、古くから人に保護されてきました。

毒魚ポケモン:ウパー(パルデアのすがた)

ウパー(パルデアのすがた)は「どく・じめん」タイプの"どくうおポケモン"。

大昔はパルデア地方の水中で暮らしていましたが、縄張り争いに破れ、地上の泥地で生活するようになったようです。地上で暮らすうちに、乾燥を防ぐため、毒の粘膜で体を覆うようになりました。

長い地上生活のおかげで、ウパーのエラは硬質化しています。体が重く、動きが鈍いですが、エラから強力な毒液を放って身を守ります。ウパーが生息する場所では、毒にやられたポケモンを見かけることもあるようです。

陸クジラポケモン:ハルクジラ

ハルクジラは「こおり」タイプの" りくくじらポケモン"。

巨大な体を支えるため強靭な筋肉を持ち、大きな体を使った物理攻撃の威力は絶大です。ぶ厚い皮下脂肪に守られながら氷雪地帯を回遊します。

硬いツノを5本を持っています。その中でも、上あごのツノにはこおりエネルギーが集中し超低温になることで、周囲を凍らせることができます。

ネスミポケモン:パモ

パモは「でんき」タイプの"ねずみポケモン"。

頬の電気袋に加えて、手のひらに放電器官を持っています。自分の頬を撫で回して発電してから、相手に両手でタッチして感電させます。

全身を覆うふかふかの毛は、寒さに強いだけではなく電気を蓄える役割を持ちます。警戒心が強く、不安を感じると頬を撫でて放電の準備を始めます。

豚ポケモン:グルトン

グルトンは「ノーマル」タイプの"ぶたポケモン"。

自慢の鼻を生かし、いつも香り高い野草や芳醇なきのみだけを見つけて食べます。その結果、虫ポケモンが嫌うハーブのような香りを放つようになりました。

敵に襲われて驚くと、パニックを起こして突進してしまいます。一見太っているようですが、エサ探しで歩き回っているため、実はほとんどが筋肉の力持ちです。

オリーブポケモン:ミニーブ

ミニーブは「くさ・ノーマル」タイプの"オリーブポケモン"。

頭の実から出るオイルは苦味と渋味が強く、食用には向きません。驚いたり、襲われたりするとこのオイルを噴射して敵の動きを鈍らせ、その隙に逃げてしまいます。

光合成で作った栄養をオイルにして頭の実に蓄えることで、1週間は飲まず食わずで過ごせます。日差しが強く乾燥した気候を好み、日中はよくひなたぼっこをしているようです。

宝箱ポケモン:コレクレー

コレクレーは「ゴースト」タイプの"たからばこポケモン"です。特性 は"びびり"。

頑丈な宝箱の中に隠れているコレクレーは、高い防御力をもつ反面、重い宝箱のせいで動きが鈍く、移動が苦手です。骨董品だと勘違いされ、人に持ち帰られたり、骨董屋に売られたりすることも少なくありません。

人やポケモンの気配を感じると待ち伏せし、近寄ったものをゴーストエネルギーで操り、コインを集めさせます。よく倉庫や道具屋の片隅など、あまり人やポケモンに出会わない場所に潜んでいるため、一度出会った相手をしつこく操り続けます。

おばけ犬ポケモン:ポチ

ポチは「ゴースト」タイプの"おばけいぬポケモン"です。

普段は地中で静かに眠っていて、ほとんど動きません。地表から頭部を出し、先端に不気味な明かりを灯して、人が寄ってくるのを待っています。人が近づくと、不気味な鳴き声と共に地中から飛び出してくるので、多くの人は驚きますが、ボチに悪気はないようです。

少しでも人にかまわれると喜び、いつまでも後をついてくる温厚で人懐っこい性格です。パルデア地方に生息するポケモンの中でも、パートナーにしやすいことで知られています。ただし、ボチ自身も無自覚なまま、人の生気を少しずつ吸い取っているので、遊び過ぎは禁物です。

電気カエルポケモン:ハラバリー

ハラバリーは「でんき」タイプの"でんきがえるポケモン"。

へそダイナモ」が大電力を発生。弾力性に富む体を伸び縮みさせて、へそのように見える器官で発電します。発生した大電力のエネルギーは、頭の左右にある目玉のようなコブから放ちます。本当の目は小さくつぶらで、威圧感を出したい時は、目玉に見えるコブが役立っているようです。

攻撃されるまで気付かない、のんきな性格。攻撃されなくてもバトルを始められるように、やる気を育てるのが大変なポケモンです。ハラバリーの生息地では、日没後に「ぐもー、ぐもー」と不思議な音が聞こえます。これは鳴き声ではなく、お腹から出る音で、空腹を主張していることが分かっています。

ハラバリーが持つ特性「でんきにかえる」は、本作から登場する新しい特性です。攻撃を受けると、じゅうでんされて「じゅうでん状態」になり、でんきタイプの技の威力を一回だけ上げることができるようになります。

画像

首長ポケモン:リキキリン

リキキリンは「ノーマル・エスパー」タイプの"くびながポケモン"。キリンリキから進化したポケモン

本体の頭としっぽの頭が進化により一体化し、2つの脳が太い神経で接続された結果、エスパーエネルギーが増幅されました。

頭の角からエスパー波を放射して、常に周囲を警戒しているので、瞬時に危険を察することができますが、脳の処理速度に体が追いつかない時もあるようです。

分厚く頑丈なしっぽの頭は、本体の頭をしっかりと保護しています。しっぽの頭が口を閉じた状態になると、首を振り回して、激しい物理攻撃を繰り出します。その威力は岩盤を粉砕し、鉄骨をひしゃげさせるほどだと言われています。

リキキリンが持つ特性「はんすう」は、本作から登場する新しい特性です。きのみを食べると、次のターンの終了時に、もう一度同じきのみを食べることができます。

リキキリンが持つ特性「テイルアーマー」は、本作から登場する新しい特性で、相手のポケモンは先制技を出せなくなります。

あなごポケモン:ウミディグダ

ウミディグダは「みず」タイプの"あなごポケモン"。ディグダによく似た、全く別のポケモン

ディグダに似ていますが、まるで別の種類のポケモンです。砂から体の一部を出して、海中のエサを食べています。砂の中の体はどうなっているのか、長さがどの程度あるのかは、未だ解明されていません。

嗅覚が優れていて、20メートル先の匂いも嗅ぎ取ることができます。周囲を常に警戒している臆病な性格で、他のポケモンのにおいに気付くと、砂の中に引っ込んで身を隠します。

待ち伏せポケモン:ガケガニ

ガケガニは「いわ」タイプの"まちぶせポケモン"。

飛び出している目玉をぐるりと回転させ、死角なく見渡すことができます。真上から獲物に襲い掛かれるように、逆さまになって断崖にへばりついています。しかし、頭に血が上って目を回してしまうので、長くは待てません。

ガケガニのハサミは、挟む力が強く、獲物を掴んだらなかなか離しません。片方のハサミで相手を掴み、もう片方で相手の守りを崩し、急所を突きます。ハサミは、戦いなどで取れても、しばらくすると再生されます。パルデア地方の一部ではそれが貴重な食材とされています。

ガケガニが持つ特性「いかりのこうら」は、本作から登場する新しい特性です。ガケガニのHPが半分になると、怒りで防御と特防が下がる代わりに、攻撃、特攻と素早さが上がります。

毒猿ポケモン:タギングル

タギングルは「どく・ノーマル」タイプの"どくざるポケモン"。

食べたものによって色が変わる毒液を駆使して、口から毒液を噴射したり、毒液をつけた鋭いツメで切り裂いたりする攻撃が得意です。危険を感じると体内の毒は急激に濃くなり、吸い込むと3日間動けなくなる程の猛毒となります。

夜行性で、日が暮れると手指をなめて毒液をつけ、縄張りの木々に模様を描いて回ります。毒液は甘く芳しい匂いを放ち、引き寄せられた虫ポケモンたちは痺れてしまいます。そしてタギングルは明け方が近くなると、動けなくなったポケモンたちを捕らえます。

ライドポケモン:モトトカゲ

モトトカゲは「ドラゴン・ノーマル」タイプの"ライドポケモン"。

古くから、パルデア地方の多くの家庭で人と一緒に生活してきたポケモン。穏やかな性質で、人々は日常的にその背中に乗って移動します。嫌がらないのは、人の体温で苦手な寒さをしのげることが理由なようです。

人を乗せた時の最高速度は時速120kmほど。非常に硬い頭部としなやかで太いしっぽは、走行時の衝撃を和らげ、バランスを取るために役立つのはもちろん、バトルでも強力な攻撃手段として役立ちます。

新しい技「しっぽきり」は自分のHPを削って身代わりとなる分身を出し、その後控えのポケモンと入れ替わります。

新しい

火の戦士ポケモン:グレンアルマ

グレンアルマは「ほのお・エスパー」タイプの"ひのせんしポケモン"。
※ポケットモンスター スカーレットで出会えます。

身につけている鎧は、多くの武勲を立てた戦士の鎧であり、グレンアルマが扱うエスパータイプの技のエネルギーの源です。また、体内の炎エネルギーを、鎧のエスパー能力で操り、技を繰り出します。

グレンアルマは、正々堂々と戦うことが信条で、強敵相手でも真正面から戦いを挑みます。強固な鎧で防御を固め、火力の高い技で倒す戦い方が得意です。

「アーマーキャノン」という技を覚えます。自らの鎧を燃えたぎる弾として撃ち出す、ほのおタイプの特殊技。左右の肩当てを腕先に移動させ、腕全体を大砲のように変化させます。グレンアルマの技の中でも非常に強力ですが、威力と引き換えに防御と特防が下がります。

火の剣士ポケモン:ソウブレイズ

ソウブレイズは「ほのお・ゴースト」タイプの"ひのけんしポケモン"。
※ポケットモンスター バイオレットで出会えます。

ソウブレイズは、怨念の染みついた古い鎧を身にまとい、炎とゴーストのエネルギーでできた剣を持っています。戦いになると火力が上がり、大剣に変わります。この大剣で斬られると、生命エネルギーが流出してしまう傷を負います。

騙し討ち、闇討ちなど、戦いに勝つためにはなんでもやる性分です。接近戦を好み、素早い動きで相手の死角を利用して間合いを詰め、大剣で斬りつけます。

「むねんのつるぎ」という技を覚えます。この世への未練を剣先に込め、相手を斬りつけるほのおタイプの物理技。斬りつけた傷口から相手の生命エネルギーを吸い取り、与えたダメージの半分のHPを回復できます。

ポケモン スカーレット・バイオレット発売情報

タイトル ポケットモンスター スカーレット
ポケットモンスター バイオレット
ジャンル RPG
機種 Nintendo Switch
発売日 2022年11月18日(金)発売
価格 パッケージ版  6,578円(税込)
ダウンロード版 6,500円(税込)
プレイ人数 1人(対戦・交換など:2~4人)
メーカー ポケモン / ゲームフリーク / 任天堂
公式サイト pokemon.co.jp/ex/sv/ja/
予約・購入 総合リンク
Amazon, 楽天ブックス
スカーレット
楽天市場, あみあみ, Yahoo!
バイオレット
楽天市場, あみあみ, Yahoo!
ニンテンドープリペイド番号 3000円
ニンテンドープリペイド番号 3000円
任天堂 / Nintendo Switch、3DS
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
任天堂 / Nintendo Switch、3DS