「スプラトゥーン」シリーズはどんなゲーム?公式が紹介ページを公開

スプラトゥーン

任天堂は「スプラトゥーン」シリーズの情報をまとめた特設サイト(スプラトゥーンベース)を公開しています。どんなゲームなのかが紹介されています。

以下、特設サイトの一部紹介です。

「スプラトゥーン」シリーズはどんなゲーム?

イカとタコの歴史(ストーリー)

第1章 はるか昔の生き物たち

生き物たちが暮らす世界は、度重なる環境破壊や異常気象により海面の上昇が続いていた。やがて人類は滅亡。それからしばらく経ったころ、突如、高度な知能を持ったイカたちが出現。

第2章 ナワバリバトルの始まり

地上に進出したイカたちが、地面を塗った面積で勝敗を決めるナワバリバトルを開始。また、イカだけでなくタコも上陸を進めはじめ、だんだんと地上ではイカとタコが暮らすようになる。

第3章 イカとタコによるガチの大決戦

海面の上昇は深刻さを増す。より地上の面積が狭くなったことをきっかけに、イカとタコによる大ナワバリバトルの決戦が勃発。激しくナワバリを奪い合うことになる。

第4章 変わりゆくイカとタコの事情

イカの若者たちのあいだで、ナワバリバトルが流行し始める。その中心となるのは、流行の先端である大都会「ハイカラシティ」。一方、タコが暮らす地下では電力不足が発生。電力を補うべく、タコ軍団 は「ハイカラシティ」のエネルギー源となっているオオデンチナマズとデンチナマズたちを誘拐する。

この頃、アオリ とホタル によるいとこ同士のユニット「シオカラーズ」がデビュー。

第5章 名もなきヒーローの活躍 (スプラトゥーン1)

とあるイカの若者が、ふらりと「ハイカラシティ」のマンホールに入ると、そこはタコたちが生活する「タコツボバレー」と呼ばれる場所だった。若者は「New!カラストンビ部隊」の3号に任命。やがて3号は、タコ軍団 のボスであるDJタコワサ将軍 と直面。一進一退の激戦となるが、「シオカラーズ」による援護もあり3号が勝利する。

第6章 それぞれの変化

ラストフェスののち、「シオカラーズ」のふたりは、コンビだけでなくソロでの活動も増加。ちょっとしたすれ違いも起き始める。

タコの世界でも動きがあり、優秀なオクタリアンのひとりだったイイダ が地下から脱出。地上へたどり着いてヒメ と出会い、やがてふたりは、「テンタクルズ」を結成する。

第7章 押し寄せる新たな波 (スプラトゥーン2)

「ハイカラシティ」の隣の街「ハイカラスクエア」にも、多くのイカが集まり、ナワバリバトルをくり広げていた。「シオカラーズ」のアオリ も行方不明になる。

そんななか、「ハイカラスクエア」のエネルギー源であるオオデンチナマズが失踪。何も知らないイカの若者が「New!カラストンビ部隊」の4号 に任命される。アオリの「シオカラーズ」復帰により勢いに乗った4号たちは、事件の黒幕であるDJタコワサ将軍を撃破。

第8章 とあるタコの物語 (スプラトゥーン2 DLC)

「タコツボバレー」の奥地をパトロール中だったアタリメ司令 と3号 が、オクタリアンと遭遇。戦いの末、アタリメ司令は3号とはぐれ、オクタリアンとともにさらなる地下へと落下する。

アタリメ司令は、落下の衝撃で記憶を失ったオクタリアンを8号 と名付けて協力関係を結ぶ。さまざまな困難を乗り越え、8号たちは地上へと到達。この時期を境に、地上にやってくるタコが増加。イカとタコの入り乱れたバトルが展開することになる。

イカ世界の住人たち(相関図)

スプラ

若者たちが集う街

ハイカラシティ (スプラトゥーン1)

数多くのイカたちが集まる街「ハイカラシティ」。各々が好きなスタイルを見つけ、自分なりのギアでコーデしてファッションセンスを磨く。この街のファッションは日々進化していく。

ハイカラスクエア (スプラトゥーン2)

「ハイカラシティ」から2駅ぶんほど離れた場所にある「ハイカラスクエア」。イカにクラゲ、タコといったさまざまな種族の交流の場として、新たなイカしたカルチャーの発信地に。

個性が光るブキとギア

未公開

スプラトゥーン3は2022年9月9日(金)に発売。対応機種はNintendo Switch。Amazonではタンブラーやぬいぐるみセット、ダウンロード版コードも販売中。楽天ブックスでは限定特典が付属。

Transcend マイクロSDカード 128GB
Transcend マイクロSDカード 128GB
Nintendo Switch 動作確認済
Razer マイク付 ゲーミングイヤホン
Razer マイク付 ゲーミングイヤホン
高評価

おすすめページ スプラトゥーン2攻略データベース