Steamの新しいゲーム審査システム「Steam Direct」が来週から開始!質の高いゲームが増える?

0 Steam 

ダイレクト

Steamにゲームを配信するために利用されてきたシステム「Steam Greenlight」が6月7日に終了。6月13日からは「Steam Direct」が導入されます。

「Steam Greenlight」は2012年8月30日に立ち上げられ、ユーザー投票などによりGreenlight内で注目されると、運営Valveが開発者へ連絡を取ってゲームを発売するシステム。ゲームがつまらなくても、動画やスクリーンショットで興味を集めることができれば発売できたということです。登録料100ドルを支払ってゲームを登録するのですが、注目されなければゲームは発売できません。

このような問題に対処するため新しいシステム「Steam Direct」が導入されることになりました。こちらのシステムは、ゲーム毎に100ドルを支払うことで運営Valveのレビューチームが簡単な審査を行い、問題なければゲームが発売できるようです。

審査時の100ドルはゲームの売上が1000ドルを到達すると返金されるようなので、開発者は売上1000ドルを超えるようなゲームを作ろうとするはずです。なので、3ドルなどの低価格ゲームが少なくなり、質の高い10ドル程度のゲームが増えるのではないでしょうか。

質の高いゲームを作れば、審査費用が0円という新しいシステムは小規模な開発者にとっても助かる内容だと思います。

関連コンテンツβ
コメント 0 件