BF1:「オペレーション キャンペーン」の内容や報酬。11月下旬には「Fall of Empires」を追加

0 BF1    

バトルフィールド1

BF1の公式ニュースが更新され、11月のアップデートで追加された「オペレーション・キャンペーン」の詳細について語られています。

BF1「オペレーション キャンペーン」の詳細

オペレーションキャンペーンとは?

オペレーション・キャンペーンとは、攻撃側と防御側に分かれて戦うオペレーションモードを拡張したゲームモードです。複数のオペレーションが組み合わさっており、試合でスコアを稼いで条件を達成することで、レアな報酬を獲得できます。

アクティブなオペレーションに参加すると、ラウンド終了画面でのスコアがキャンペーンの進捗にカウントされます。稼いだ累計スコアや現在のキャンペーン終了までの残り時間、報酬はオペレーション画面の右下に表示されます。

情報

報酬について

条件を達成することで「オペレーション・バトルパック」をアンロックでき、ロシアン勲功ナイフやフレンチ・ブッチャーナイフなどの、通常のバトルパックでは得られないスペシャル格闘武器のジグソーピースを入手することができます。

また、より高い確率でレアな武器スキンやビークルスキンも入手できることでしょう。

なお、オペレーション・バトルパックの中身が、オペレーション・キャンペーンごとに異なることはありません。前回のオペレーション・キャンペーン終了後、次のオペレーション・キャンペーンでもオペレーション・バトルパックの獲得を目指すことができます。ただし、スコアはリセットされてしまいます。

第1弾は「東部戦線と突撃戦術」

OP

11月8日より、第2弾DLC「In the Name of the Tsar」で追加された「ブルシーロフ攻勢」と「赤き津波」が組み合わされた「東部戦線と突撃戦術」がプレイできるようになりました。本キャンペーンは、DLCコンテンツが含まれるため、プレミアムパス所有者と第2弾DLC購入者が参加可能です。

このオペレーション・キャンペーンでは、東部戦線の4つの異なる環境「Galicia」「Brusilov Keep」と「Volga River」「Tsaritsyn」を戦い抜く白熱した体験が待ち受けます。11月22日までプレイ可能。

「ブルシーロフ攻勢」についての歴史

1916年6月4日、ロシア軍のブルシーロフ将軍がオーストリア=ハンガリー軍に対して実施した大規模な攻勢で、歴史上もっとも凄惨な戦いの一つとされています。 この攻勢は、画期的な突撃歩兵と浸透戦術を大規模運用した、世界初の実例の一つでもあります。攻勢の結果、オーストリア=ハンガリー軍はカルパティア山脈へと後退させられますが、同軍を大戦から完全に取り除くまでには至りませんでした。

ブルシーロフ攻勢は戦術的には極めて大きな成功を収めましたが、ロシア帝国は百万人におよぶ犠牲者を出し、中央同盟国側の打倒もなりませんでした。この状況に幻滅したロシア国民は革命へと突き進んでいくことになります。

そして権力闘争の末、ボリシェヴィキの赤軍と、白軍とそれを支援する諸外国の繰り広げる血なまぐさい内戦へとなだれ込んでいくことになったのです。この内戦を描いたのが、オペレーション「赤き津波」です。

今後の「オペレーション キャンペーン」

11月下旬には、本編に導入されている「鉄の壁」と「地獄の制圧」を組み合わせた「Fall of Empires」が追加されます。

その後、「Fire and Ice」と「Beginning of the End」が追加予定です。詳細は今後アナウンスされます。

おすすめページ BF1攻略記事

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。