日本eスポーツ連合によるライセンス制度の詳細が公開。プロライセンスとは?

0 ゲーマーが気になる情報    

e-Sports

日本のeスポーツの普及・発展、 eスポーツ産業の振興を目標に掲げるeスポーツ新団体「日本eスポーツ連合」が2018年2月1日に設立。公式サイトにプロライセンス制度の詳細が公開されています。

プロライセンス制度について

プロゲーマーの定義 (プロゲーマーとは?)

  • プロフェッショナルとしての自覚を持つこと。
  • スポーツマンシップに則り、プレイすること。
  • プレイ技術の向上に日々精進努力すること。
  • 国内eスポーツの発展に寄与すること。

プロライセンス発行対象者

  • 前述のプロゲーマーの定義に誓約していること。
  • 日本eスポーツ連合公認大会において公認タイトルの競技で優秀な成績を収めること。
  • 日本eスポーツ連合の指定する講習を受けること。

ライセンスカテゴリー(2種類)

  • 「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」
    同ライセンスは、15歳以上、義務教育課程を修了している人を対象とします。
  • 「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」
    同ライセンスは、13歳以上15歳未満で、プロライセンス発行に値する人を対象とします。※高額ではない賞品の獲得は可、賞金は不可、金券に類するものは不可とします。

ライセンスの発行

  • 大会規定に基づき、ライセンス保有資格を持った者に授与。
  • プロライセンス申請時、申請者はゲームのプロフェッショナルになること、反社会活動をしない、などの誓約書を提出。
  • ライセンスを受けるものは、ドーピング禁止、納税方法、競技におけるスポーツマンシップなど、eラーニングによる講習を義務づけるものとする。

例外的ライセンスの発行について

「実績保有者へのライセンス発行」
ライセンス発行開始時から過去にさかのぼり、公認タイトルの大会で著しく優秀な成績を収めている人には、例外的にプロライセンス及びジュニアライセンスを発行します。

※但し、発行にはゲームタイトルのIPホルダー(ゲームメーカー)の推薦が条件となります。

チームの取り扱いについて

  • チームライセンスの発行
    法人格を持ち、かつIPホルダーが実績を認め、当連合が承認した場合に発行。※但し、別途定める誓約書の提出が必要となります。
  • 1名以上のライセンス保有者がいるチームは、公認大会へチームとしての出場が可能。※但し、賞金獲得時はライセンス保有者のみに授与します。

ライセンスの手数料・更新

  • プロライセンス発行時には、本人の保有意思確認の意味も含め、手数料として5000円、ジュニアライセンスの場合は3000円の実費を支払うものとする。
  • ライセンス更新は、発行から2年ごとに行う。
  • 更新時には更新費用実費を支払うものとする。
  • 更新時には、eラーニングによる講習を受けるものとする。

「鉄拳7」の場合

鉄拳

ライセンスマッチ進出者は以下の8名より構成。
・オンライン予選成績優秀者 3名
・バンダイナムコエンターテインメント公式大会「日本王者決定戦」成績優秀者上位 2名
・闘会議2018鉄拳7Special 1day match 2名

ライセンスマッチは、2月11日(日)に闘会議2018で実施され、勝ち抜いた4名が初のプロライセンス取得者になるとのことです。詳細は闘会議公式ページで確認できます。

プレイステーション4
PS4 ジェット・ブラック 500GB
2018年発売モデル / CUH-2200AB01
プレイステーション4
PS4 Pro ジェット・ブラック 1TB【新価格版】
2018年発売モデル / CUH-7200BB01
楽天ブックス: 楽天イーグルス感謝祭 最大80%オフ&クーポン配布 [10/19 23時までポイント+2倍]
楽天市場: 楽天イーグルス感謝祭 ポイント最大43倍
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。