ゲーセンの「SEGA」が消滅へ。GENDAが全株式取得で店舗は「GiGO」に

セガ

ゲームセンター含む、全国のアミューズメント施設の屋号が「SEGA」から「GiGO」に変更されるとアナウンスされました。

ゲーセンSEGAは「GiGO」に

2020年12月、株式会社GENDAがセガのアミューズメント事業を買収。株式会社セガ エンタテインメントの株式85.1%を株式会社GENDAが取得し、社名は「株式会社GENDA SEGA Entertainment」に変更。ですが、ゲーセン店舗は「SEGA」の名称を使い続けていました

2022年1月28日、株式会社セガが保有していた株式14.9%を株式会社GENDAが取得。持株比率が100%となり、社名を「株式会社GENDA GiGO Entertainment」に変更、「SEGA」ブランドで展開しているアミューズメント施設の屋号を「GiGO(ギーゴ)」に変更することが明らかにされました。

アミューズメント施設の「SEGA」は2022年3月より約1年半かけて全て「GiGO」にするとのこと。

ギゴ

「GiGO(ギーゴ)」は、セガ池袋GiGOにも使われていた名称。Get into the Gaming Oasisの略で、「ゲームのオアシスに飛び込め!」という意味を持つそうです。

セガのゲームセンター56年の歴史をこれからも大切にし、更に人々の欲求を満たすオアシスであり続けるために、このブランド名が採用されたとのことです。

セガ アミューズメント施設事業の変遷

  • 1965年7月:株式会社セガ・エンタープライゼス、アミューズメント施設の運営開始
  • 1992年10月:ハイテクランド・セガ シントク(現:セガ秋葉原1号館)オープン
  • 1993年7月:池袋GiGOオープン
  • 2000年10月:アミューズメント施設事業の株式会社セガ アミューズメント東日本、株式会社セガ アミューズメント東京、株式会社セガ アミューズメント東海、株式会社セガ アミューズメント関西、株式会社セガ アミューズメント西日本への分社化
  • 2002年4月:セガ アミューズメント東京から商号変更された株式会社セガ アミューズメントを存続会社とし5社が合併
  • 2004年4月:株式会社セガ ビーリンク設立 ダーツバー(「Bee」「BeeRUSH」「KABURA」)の運営を移管
  • 2005年4月:株式会社セガ アミューズメントを株式会社セガへ吸収合併
  • 2012年10月:株式会社セガ ビーリンクに株式会社AGスクエア、セガのアミューズメント施設事業部を吸収合併し、社名を株式会社セガ エンタテインメントに変更
  • 2015年4月:グループ再編により株式会社セガホールディングスの子会社になる
  • 2016年3月:「Bee」「BeeRUSH」「KABURA」等ダイニングエンタテインメント施設の企画・運営、飲食店施設の企画、ダーツアクセサリー等の販売事業を株式会社ビーリンクに吸収分割かつ移管
  • 2020年12月:株式会社セガ エンタテインメントの株式85.1%を株式会社GENDAが株式会社セガより取得「株式会社GENDA SEGA Entertainment」へ社名変更
  • 2021年9月:セガ池袋GiGO閉店
  • 2022年1月:株式会社GENDA SEGA Entertainmentが自己株式14.9%を株式会社セガより取得し株式会社GENDAの持株比率100%に(議決権ベース)、株式会社GENDA GiGO Entertainmentへ社名変更、全店舗の屋号をGiGOに変更していくことを決定
プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
PS5, PS4, PS3, PS Vita
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
任天堂 / Nintendo Switch、3DS