MicrosoftがFalloutなどのBethesda Softworksの親会社を買収。GhostWireはPS5独占

ベセスダ

Microsoftは、Bethesda Softworks(ベセスダ・ソフトワークス)の親会社であるZeniMax Media(ゼニマックスメディア)を買収すると発表しました。買収金額は75億ドル(約7,850億円)とのこと。

マイクロソフトがベセスダゲームを買収

Microsoftによると、初代Xbox時代からBethesdaとは特別なパートナーだったとのこと。またBethesdaは、Xbox Game Passの初期のサポーターであり、ゲームをデバイスを越えて新しいユーザーに提供し、クラウドストリーミングなどの新しいゲームテクノロジーに積極的に投資してきたと、ゲーム業界で最も優れたスタジオであることが説明されています。

買収により、Bethesda Softworks、Bethesda Game Studios、id Software、ZeniMax Online Studios、Arkane、MachineGames、Tango Gameworks、Alpha Dog、Roundhouse Studiosに所属する全世界2300人のスタッフがMicrosoft傘下となります。

今後は、Bethesdaの象徴的なフランチャイズをXbox Game Passのコンソール版とPC版に提供されるそうです。そして、Bethesdaが取り組んでいるの魅力的な仕事は全て継続され、成長していくとのこと。さらに、Microsoftのリソースとサポートが活用され、創造的なビジョンをより多くのプレイヤーに向けて新しい方法で提供できるよう、Bethesdaに力を与えるとしています。

画像で紹介されているゲームは、Dishonored、Wolfenstein、The Elder Scrolls、Fallout、DOOM、Starfield、サイコブレイク、Prey。

GhostWireとDEATHLOOPはPS5独占

Bloombergに掲載されたインタビューによると、 既にBethesdaから発表されているPS5/PCタイトルとなっている「Ghostwire: Tokyo」と「DEATHLOOP」については、コンソールでのPS5独占は変わらないとのこと。どちらも2021年に発売予定です。

その他のタイトルについては、「ケースバイケースで対応する」と語られています。

おすすめゲーミングヘッドセット一覧
おすすめゲーミングヘッドセット一覧
PC/PS5/PS4の人気ヘッドセット
GTRACING ゲーミングチェア
GTRACING ゲーミングチェア
お手頃なゲーミングチェア(青/赤/黒/他)