ネット流行語2021発表!ゲーム関連はバイオ8/PS5/スパロボ/Yandere Simなど

ネット流行語大賞

今年で第4回目となる「ネット流行語100」2021の年間大賞と特別賞が発表されました。

「ネット流行語100」2021

本イベントは、株式会社ドワンゴの「ニコニコ大百科」と、ピクシブ株式会の「ピクシブ百科事典」の各単語ページにおける2021年のアクセス数にもとづき、今年ネットで最も流行った単語が「年間大賞」として発表されます。

また、特別賞として、niconicoユーザーがアンケート投票で選ぶ「niconico賞」、2021年にpixivに投稿された作品に対してタグ付けされた数が昨年と比較して最も増えた単語を表彰する「pixiv賞」の発表も行われます。

受賞単語

年間大賞ウマ娘 プリティーダービー
niconico賞周央サンゴ
pixiv賞呪術廻戦

年間大賞に選ばれた『ウマ娘 プリティーダービー』は、日本競馬史にその名を刻んだ名馬たちをモチーフとした「ウマ娘」がレースで競い合う世界を描いた、Cygames によるクロスメディアコンテンツです。

ニコニコ賞は『周央サンゴ』が選ばれました。全体ランキングは95位。にじさんじ所属のバーチャルライバーで、2020年8月にデビューした5人組ユニット「世怜音女学院」のメンバーの一人。

pixiv賞は『呪術廻戦』が選ばれました。全体ランキングは3位。芥見下々氏が「週刊少年ジャンプ」にて 2018 年より連載しているマンガ作品で、2021年10月時点のシリーズ累計発行部数は5500万部を突破。2020 年にアニメ化され、2021年 12月には劇場版の公開を予定するなど話題が続いています。

ランキング

ネット流行語100の単語には「ウマ娘」関連が圧倒。3位には「呪術廻戦」、4位には「東京卍リベンジャーズ」と、マンガ・アニメの人気作品が選ばれました。

ゲーム関連では、62位に「バイオハザード ヴィレッジ」、63位に「東方虹龍洞」、87位に、「モンスターハンターライズ」、93位に「スーパーロボット対戦30」、97位に「PlayStation 5」、98位に「Yandere Simulator」などがランクインしています。

流行語

プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
プレイステーション ストアチケット 1100円~1.5万円
PS5, PS4, PS3, PS Vita
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
ニンテンドープリペイド番号 1000円~9000円
任天堂 / Nintendo Switch、3DS