Nintendo Switchの販売台数が1486万台でWiiU累計を超えた!マリオオデッセイは累計907万本

0 任天堂 

ニンテンドースイッチ

任天堂は決算発表にて、Nintendo Switchのハード・ソフトに関する販売実績を明らかにしています。

発表内容によると、Nintendo Switchの累計販売台数は日本372万台、米大陸594万台、その他520万台となり合計1,486万台を販売したとのこと。2017年10月30日に決算発表では、本年度の売上予想を1,400万台としていましたが、本日の発表では1,500万台に引き上げられています。

Nintendo Switchソフトについては全世界累計本数5,257万本を突破したと報告。国内では56タイトル、米大陸では76タイトル、その他地域では83タイトルが販売されているようです。

任天堂スイッチ

本日の発表により、公式サイトのゲーム専用機販売実績の数値が更新され、WiiUの販売台数をNintendo Switchが発売10ヶ月で超えたことを確認できるようになっています。数値は2017年12月末時点です。

ハード累計

そして、任天堂のミリオンセラータイトルの販売本数も公開。全世界の合計では、「スーパーマリオ オデッセイ」が一番売れたようですが、日本だけ見ると「スプラトゥーン2」の一番売れていることがわかります。

ソフト累計

ちなみに、前回の君島社長の発言である「Switchを使った更に新しい体験を用意している」については、「Nintendo Laboはその一つ」とコメントしたようです。

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。