Nintendo Switch 本体アップデート13.0.0の更新情報!Bluetoothイヤホン対応/9月15日

任天堂アプデ

本日9月15日、Nintendo Switchのメジャーアップデートとなる最新バージョンのパッチが配信され、パッチノートが公式サイトで公開されています。本体システムはバージョンが13.0.0となりました。

スイッチ 更新内容 バージョン13.0.0

「Bluetooth®オーディオ」に対応

  • Bluetooth®で通信するヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどをNintendo Switchと接続して使用できるようにしました。
    • Bluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできません。
    • Bluetoothオーディオ機器のマイク入力には対応していません。
    • Bluetoothオーディオ機器によっては音声の遅延が目立つ場合があります。
    • くわしくは公式サイトをご確認ください。

ドックの更新

  • 「本体」に「ドックの更新」を追加し、Nintendo Switchドックのソフトウェアを更新できるようにしました。
    • 更新できるNintendo SwitchドックはNintendo Switch(有機ELモデル)に同梱しているLAN端子付きのドック[HEG-007]のみです。
    • Nintendo Switch Liteにはこの機能は追加されません。

スリープ中の有線インターネット接続の維持

  • 「スリープ」に「スリープ中の有線インターネット接続の維持」を追加しました。
  • 設定が「ON」の場合、有線でインターネット接続をしている本体がスリープになっても常にインターネットへの接続を続けるため、スマートフォンなどからソフトや追加コンテンツを購入した場合などにすぐにダウンロードが開始されます。
  • 「OFF」にすると一定間隔ごとにインターネットに接続してダウンロードなどを行う動作に変わりますが、その分消費電力が低下します。初期値は「ON」です。

スティックの補正

  • 「コントローラーとセンサー」の「スティックの補正」において、補正の開始方法を変更しました。
  • 従来の「スティック押し込み」から、「スティックを一定方向に倒し続ける」方法に変更しました。

無線インターネット接続

  • 「インターネット」において、無線でインターネットに接続しているときに使用している電波周波数帯(2.4GHz/5GHz)を確認できるようにしました。

注意事項

  • 本体を改造したり、任天堂がサポートしていない周辺機器やソフトウェアを使用したりすると、本体更新後に本体が動作しなくなるおそれがあります。
  • 通常の使用方法以外の方法で作成されたセーブデータや、任天堂がサポートしていないデータなどが本体内にある場合は、故障の原因となるだけでなく、安心してご使用いただけなくなるおそれがあるため、そのようなデータなどが自動的に除去される場合があります。

Nintendo Switchが自動でアップデートされない場合、HOMEメニューの「設定」→「本体」→「本体の更新」から手動で更新することもできます。

Joy-Con充電グリップ
Joy-Con充電グリップ
本体に接続しなくてもグリップでJoy-Conを充電可能
Opolar LC06 吸引式 冷却ファン
Opolar LC06 吸引式 冷却ファン
熱対策グッズ
  • イノリーダー
  • Feedly
  • B!