Nintendo Switch 本体アップデート4.0.0が配信!動画録画やあらかじめダウンロードに対応

0 任天堂 

任天堂スイッチ

本日、Nintendo Switchのシステムバージョンが4.0.0に更新され、アップデート情報が公開されています。新機能として、動画を録画できる機能、あらかじめダウンロードに対応、新アイコンが追加されています。

更新内容 バージョン4.0.0 [10月19日]

動画撮影機能

  • 一部のゲームで動画撮影に対応しました。
    • ゲーム中に、Joy-Con(L)の「キャプチャーボタン」を長押しする(“ピッ”という音がするまで押し続ける)と、最大で30秒前からの動画を保存できます。
    • 保存した動画は、HOMEメニューの「アルバム」で確認できます。
    • 「アルバム」からFacebook、Twitterに投稿できます。

動画撮影は、「キャプチャーボタンを押す最大30秒前から」となっています。「ボタンを押し始めてから撮影開始」ではなく、「押す前の30秒間を撮影」するので、残したいシーンを見つけたら、過去30秒間を記録としてアルバムに残すことができます。

アルバムでは、保存した動画を必要なところだけ切り出したり、動画の一部を画面写真として保存したりすることができます。また、動画は本体保存メモリーに最大100本、市販のmicroSDカードがあれば、最大1,000本まで保存できます。microSDカード(UHS-I)のご利用がおすすめです。[関連商品]

動画撮影対応ソフト (2017年10月19日時点)

  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 (Ver. 1.3.0以降)
  • 『マリオカート8 デラックス』(Ver. 1.3.0以降)
  • 『ARMS』(Ver. 3.1.0以降)
  • 『スプラトゥーン2』(Ver. 1.2.0以降)

「あらかじめダウンロード」に対応

  • 発売日よりも前にソフトをダウンロード購入する「あらかじめダウンロード」ができるようになります。
    • ※一部のソフトのみ対応しています。

「設定」機能の追加

  • ユーザーに設定できるアイコンに『スーパーマリオ オデッセイ』と『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のキャラクターが増えました。
  • ほかの本体にユーザーとセーブデータを引っ越しできるようになりました。

上記でご紹介した内容のほかにも、機能追加や調整などを実施しているとのこと。

スリープ復帰後は自動で更新されない場合があります。自動で更新されない場合、「設定 → 本体 → 本体の更新」を実行するとアップデートがダウンロードできます。インターネット接続に失敗して本体の更新ができない場合は、本体の再起動を行うと正常に接続できることがあるようです。

コメント 0 件