オーバーウォッチ:新ヒーロー「ブリギッテ」のオリジンストーリー映像、バックストーリーが公開!

0 オーバーウォッチ     

overwatch

本日PTRに実装された新ヒーロー「ブリギッテ」のオリジン・ストーリーとバックストーリーが公開されています。

ブリギッテ オリジン・ストーリー

ブリギッテ

ブリギッテ バックストーリー

新キャラ

「私だって戦える!」

自分にもできることはある。その思いを胸に、ブリギッテ・リンドホルムは武器を手にした。すべては、人々を守るために。

オーバーウォッチの武器設計者、トールビョーン・リンドホルムの末娘であるブリギッテは、兄弟たちの中でもいち早く機械工学に興味を示した。父親の作業場に入り浸り、様々な技術を幼くして習得していったブリギッテは、父親の才能を受け継いだように思えた。

しかし、武器設計の天才として知られるトールビョーンとは相反して、ブリギッテは鎧や防衛システムの設計を得意とした。

ブリギッテの将来については、誰もが父親の跡を継ぐと考えていたが、とある人物との付き合いがブリギッテを変えることになる。その人物は父親の友人、そして同じくオーバーウォッチに所属するラインハルト・ヴィルヘルム――家族ぐるみの付き合いがあり、ブリギッテの名付け親でもあるラインハルトは、幼いブリギッテに数々の武勇伝や英雄譚を聞かせた。

やがてラインハルトは現役を引退、さらにオーバーウォッチは解体され、彼は武者修行の旅に出ることを決心する。ブリギッテが従者を志願したことにラインハルトは驚きはしたが、その願いを聞き入れた。

従者としてブリギッテは様々な雑用を任されていたが、その中でもラインハルトのクルセイダー・アーマーを維持することが最も重要な仕事であった(とはいえ、現在のアーマーは父親が設計していたため、馴染みはあった)。

しかし、旅が続くにつれ、ブリギッテはアーマーではなく、ラインハルト自身を守ることが必要だと感じるようになる。多くの戦いをみてきたラインハルトの体は万全とは程遠く、それでも彼は全力を出すことを惜しまなかった。

整備士としてだけではなく、戦士としても力を貸す必要があると感じたブリギッテは、ラインハルトから戦闘訓練を受けながら、自分用のスーツを内緒で造り始めた。

従者としてラインハルトを守るため、そして一人の人間としてか弱き者を救うため、ブリギッテは世界中を旅する。

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。