オーバーウォッチ:次回PTRでドゥームフィスト/マクリー/バスティオンを調整、次期パッチは大容量に

0 オーバーウォッチ     

overwatch

近日配信されるオーバーウォッチのアップデート関連の情報が明らかにされています。

ドゥームフィスト/マクリー/バスティオンの調整を予定

ゲームデザイナーのJoshua Noh氏がSurefour氏の配信にて、次回のPTRで調整されるヒーローについて少し明かしたようです。明かされたのは3人のヒーローで、ドゥームフィストは弱体?、マクリー/バスティオンは強化される予定のようです。

ドゥームフィスト

  • サイズミック・スラムの最大距離が20メートルから15メートルに減少します。そのため、最大ダメージも86から65に低下。
  • アッパーカットの影響を受けた敵は、0.6秒(ノックバック中)の間、空中制御ができなくなります。

バスティオン

  • 偵察モードの装弾数が25から35に増加します。
  • セントリー中のミニガンは、リバーススプレッドでテストされています。撃ち続けるほど拡散が縮小し、精確になります。これは、ライブサーバーで採用されるかは確定していません。

マクリー

  • Fan the Hammer(全弾撃ち)の1発分のダメージが10増加します。(修正)

次期メジャーアップデートはフル再インストールが必要

公式フォーラムにて、次に配信されるメジャーアップデート(1.30?)は完全な再インストールが必要になるとアナウンスしています。

次期メジャーパッチは、ゲームクライアントの基礎部分が変更されているとのこと。そのため、差分アップデートではなく、クライアントのフルインストールが必要になるようです。配信日は未定です。

このパッチには、ロード時間の改善、メモリの最適化、PS4版のドライブ容量削減、将来のコンテンツのためのデータフォーマット変更などが含まれると説明されています。ただ、PTRをインストールしている場合、再インストールする容量は少なくなるようです。

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件