オーバーウォッチ:バランス調整/ヒーロープール/新しい試みについて説明するDeveloper Updateが公開

0 オーバーウォッチ      

overwatch

開発者がオーバーウォッチについて語る「Developer Update」が新たに投稿され、ゲームディレクターであるJeff Kaplan氏が「オーバーウォッチ」に追加される新しい試みや機能について説明しています。

デベロッパーアップデート「エクスペリメンタル&ヒーロープール」

この動画はYouTubeの字幕機能をオンにすると、日本語字幕で視聴できます。以下、一部抜粋です。

バランスについての意見

  • よくある意見としては 「調整の頻度を上げてほしい」「もっといろいろ試してほしい」「もっと積極的な 変更をしてほしい」「コミュニティが良くないと感じた変更は、遠慮なく戻してほしい」といったものです。
  • 過去にもPTRで一部の調整をテストしていますが、ご存知の通りPTRでのテストには時間がかかります。
  • また、PTRの実装段階からさらに劇的な変化を経るような変更ばかりではありません。
  • そこで新たに素晴らしいものを用意しました。
  • 現在開発中で近日中に実装予定の「エクスペリメンタル」です。

エクスペリメンタル(実験モード)

  • 現状のプレイ・カードには 「クイック・プレイ」 「ライバル・プレイ」 「ゲーム・ブラウザー」があり、これらを“メイン・プレイ・カード”と呼んでいます。
  • 近い将来、その並びに時折「エクスペリメンタル」と書かれたカードが出るようになります。
  • 「エクスペリメンタル」カードでは無数の変更が試験的に実装されます。ヒーローのバランス調整に限らず、その変更内容もさまざまです。
  • ゲーム・モードの仕様変更をテストすることもあるでしょう。たとえばコントロールやライバル・プレイの仕様などです。必ずしもバランス関連とも限りません。
  • 「エクスペリメンタル」のカードは、私たちが何かをテストをしたい時に現れるようになります。
  • PTRの参加者だけでなく、家庭用ゲーム機版を含む全プレイヤーがエクスペリメンタルで開発チームが試験的に導入した 変更をテストできます。
  • エクスペリメンタルの非常に優れた点は 「オーバーウォッチ」のメイン・ゲーム内にあり、PTRのように分かれてはいないので、アカウントのレベルを上げつつ報酬もゲットできます。
  • 少し前になりますが、たとえば以前に開催したD.Vaのナノ・コーラ チャレンジで9勝すればスキンがもらえるという条件も達成可能です。エクスペリメンタルのカードが出ている間はエクスペリメンタルでの勝利数もカウントされます。
  • これまで以上に 多くのプレイヤーにテストを手伝ってもらえるはずです。
  • また、PTRとは異なり エクスペリメンタルの目的は 安定性やバグのテストではありません。このカードの目的は他にあります。ゲームプレイの変更とそれに対するプレイヤーの反応を確かめることが目的です。
  • 数週間のうちに最初のエクスペリメンタル・カードが登場しますので今しばらくお待ちください。
  • 今後はバランス調整の頻度を増やし、より積極的に実験的な変更も臆せず試してみて元に戻すこともあるかもしれません。
  • 非常に積極的なバランス調整も 試すことになります。
  • つまり、メタを意識した調整です。

ゲームのメタ(流行りのヒーロー構成)を意識

  • これまでのバランス調整で念頭にあったのは、ゲーム全体の安定性とプレイヤーのことでした。今後はより、メタに照準を合わせ、できるだけ頻繁にメタが変化するようにします。
  • 特定のヒーローが強化されたり、反対に弱体化することもあるでしょう。変更後、数週間のうちに元に戻すこともあり得ます。
  • 今後のこうした調整を楽しみにしていてください。
  • エクスペリメンタルで見たからといって必ず「オーバーウォッチ」に実装されるわけではありません。
  • 調整の頻度を上げること、メタに狙いをつけること、こうした変化の頻度を上げること。そして、このプロセスに 皆さんが参加できること一連のフィードバックに 応えるためのアップデートです。

ライバル・プレイ シーズン21

  • ライバル・プレイ シーズン21では、これまでにないまったく新しいことを試してプレイヤーをメタから引き離し、特定のメタが長期間停滞しないようにします。
  • シーズン21は3月に始まるので準備期間はあります。
  • シーズン21より、ライバル・プレイでのみ“ヒーロープール”を導入します。クイック・プレイやアーケード・モードには影響しません。
  • マッププールと同じように、その週のヒーロープールが1週間だけ継続した後、新しいヒーロープールに切り替わります。ヒーロープールには一部のヒーローは含まれません。
  • たとえば、シーズン21のが開始されたとして、第1週のヒーロープールには、オリーサ・シグマ・メイ・モイラがプールにいないといった具合です。
  • プレイヤーはそのヒーローを含まない戦略を新たに考える必要があります。それが1週間続いた後、ヒーロープールが変わります。
  • 目的としては、メタを流動的に保ち、特定メタの固定化を防ぎ、ヒーローの多様性を増すことにあります。
  • このコンセプトには課題があることも承知しています。うまく機能していないと判断した場合は、実装後に加えて変更を行う可能性も高いでしょう。プールの期間を長くしたり、反対に期間を縮めたり、マッチごとにプールを変える可能性もあります。
  • 実はオーバーウォッチ リーグもこのアイデアを気に入っていて、そちらでもヒーロープールを導入します。
  • オーバーウォッチ リーグがどういった形で導入するかは、ブログで説明する予定です。

その他の機能・改善

  • チート対策にも多くの労力をかけ続けています。
  • 私のためにも、ゲームのためにも、チート対策の詳細は言えませんが、これから先の2つのパッチで大規模なチート対策を予定しています。
  • 皆さんの通報にも、ものすごく助けられています。心から感謝するとともに今後も協力をお願いします。
  • ワークショップの大きなアップデートもブログかフォーラムの投稿で発表するので詳細はそちらで確認してください。
  • 近いうちに、リプレイ機能を大きく改善し、リプレイをピン留めできるようにします。10戦のリプレイの中に思い入れのあるものがあって、保存したいのであれば 見返せるようにピン留めできます。
  • リプレイを他のプレイヤーとシェアする機能も開発中でそれぞれのプレイヤーがリプレイを再生できます。コンテンツクリエイターにとっては、特に面白いものになるでしょう。コミュニティでシェアされたリプレイによって、さらに面白いことができるようになるはずです。
  • 戦績についても改善策を用意しています。
  • 「オーバーウォッチ 2」では 戦績を大きく見直す予定ですが、それはまだ先のことで近い将来の話ではありません。
  • 現状の「オーバーウォッチ」では、戦績をおおまかに更新して気になっていた部分を整えるつもりです。
  • ひとまずはプレイヤー・アイコンの ソート機能などを今後数ヶ月で戦績に実装します。
ねんどろいど アッシュ クラシックスキン
ねんどろいど アッシュ クラシックスキン
2019年12月発売 / フィギュア
ねんどろいど D.Va アカデミースキン
ねんどろいど D.Va アカデミースキン
2020年1月発売 / フィギュア
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。