オーバーウォッチ:OW2と関係がある新FFAマップ/2020振り返りを語るDeveloper Update

オーバーウォッチ      

overwatch

開発者がオーバーウォッチについて語るDeveloper Updateが新たに投稿され、ゲームディレクターであるJeff Kaplan氏が「新FFAマップ」「2020年の振り返り」などについて説明しています。

デベロッパーアップデート「KANEZAKA」

この動画はYouTubeの字幕機能をオンにすると、日本語字幕で視聴できます。以下、一部抜粋です。

FFA(デスマッチ)の新マップについて

  • まず楽しい話題から完全新規のFFAマップが登場します。
  • これはきっと予想外のことでしょう「オーバーウォッチ2」の開発に注力してるのは周知の事実ですからね。ですが続編については来年2月のBlizzConlineでお話しします。
  • 実はこの新マップは続編と関係があります。
  • 開発チームを拡大する中でモートンという名の素晴らしいレベル・デザイナーがチームに参加しました。
  • 彼に開発ツールや手順に慣れてもらうために、FFAデスマッチのマップを作ってもらいましたが、完成したマップがあまりに良かったので、仕上げて製品版に配信することにしました。アートチームも素晴らしい仕事をしました。
  • マップ名は「KANEZAKA」。「HANAMURA」のすぐ下に位置します。丘の上に建つ「HANAMURA」の城も見えています。
  • 日本を舞台にした美しいマップで、細部まで作り込まれています。舞台が日本なのにも理由があります。
  • このマップにはイースターエッグや続編につながる物語が隠されています。
  • シマダ兄弟やその一族と関係のある人々について、新たな情報が得られるようなマップになっています。
  • イースターエッグについては本作の舞台背景だけでなく、開発チームに関するものも登場します。
  • 例えばマップには猫カフェがありますが、コンセプトアーティストのレアが皆の飼い猫を描いてくれました。
  • かわいい飼い猫たちを猫カフェで鑑賞してください。他にも物語に関係する要素もあります。各所にあるグラフィティも見逃せません。
  • ではゲームプレイはどうでしょう?モートンは本当にすごいです。
  • このマップには流れがあります。どのヒーロータイプでも活躍できる場所があります。
  • FFAデスマッチでファラを使用するプレイヤーは、マップの特定地点に移動しがちですよね車が走る高架路はレッキング・ボールにうってつけです。
  • マップ内を走る車は皆さん大好きですよね?「OASIS」同様事故にはご注意をきっと「KANEZAKA」を楽しんでもらえるはずです。
  • 12月にはPTRに実装します。そして2021年の初頭に正式にリリースします。1月初旬から遅くとも中旬までに出します。

2020年の振り返り

  • 次に今年の振り返りです。
  • 本当に色々ありました。パンデミックに襲われ、ひどい一年でした皆さんが安全で健康に過ごせていることを願います。そんな中でも頑張って開発を進めました。
  • 新ヒーローエコーをリリースしましたし、毎年恒例のイベントもすべて開催しました。
  • その多くでは、季節限定イベントをさらに盛り上げる、新たなバリエーションも増やしました。
  • さらに小規模イベントも併せて実施しました。
  • アッシュのマルディグラやトレーサーのコミック、シンメトライベント、シグマのマエストロ、さらに本作のサウンドトラックもリリースしましたね。
  • 合計80以上のパッチを配信しました。小さなパッチも大きなパッチも含めてです。
  • エクスペリメンタルもすごく頑張りました。
  • ワークショップも更新しました。
  • ワークショップに関しては、ザックとダンが特に頑張ってくれました。素晴らしい成果です。
  • 成果と言えばチート対策や暴言対策のフィルターなども大きく改善しました。
  • 続編の開発に注力しているのは事実ですが、稼働中のタイトルの更新もなかなかのものだったと言えるでしょう。オーバーウォッチリーグについても一言2020年には素晴らしい試合が予定されていました。
  • 初頭には実際に開催された試合もありましたが、パンデミックが発生してオンラインに移行しました。
  • それでも今年のリーグは素晴らしかったと思います。
  • 2020年は色々ありました。
  • 皆さんもさまざまな苦労を経験した年だと思います。生活が目まぐるしく変わりました。私たちも同じです。
  • ただ「オーバーウォッチ」にとっては悪くない一年だったと思います。
  • 「オーバーウォッチ2」の詳細を皆さんにお届けできる日が待ち遠しいです。
  • お待たせしていますし、まだ多くを伝えられていません。完成までもう少しかかりそうですが、引き続き全力で開発を進めます。
  • 稼働中のタイトルも続編も最高のゲームとなるよう力を尽くします。
  • 皆さんにとって最高のホリデーとなることを心から願っています。
  • そして世界中の皆さんにとって、2021年が今年よりも明るい年でありますように「オーバーウォッチ」チーム一同皆さんの無事を願っています。
The Art of Overwatch, Volume 2 (英語版)
The Art of Overwatch, Volume 2 (英語版)
アートブック第2弾
LEGO オーバーウォッチ バスティオン
LEGO オーバーウォッチ バスティオン
Amazon.co.jp限定