オーバーウォッチ:ドゥームフィストが新ヒーローとして登場?新しい物語が明かされる

0 オーバーウォッチ    

overwatch

Doomfist(ドゥームフィスト)よるヌンバーニ空港への襲撃で警備ロボット「OR15」が破壊、Doomfistのガントレットが盗まれました。エフィは破壊されたOR15をアップグレードして、オリーサを開発。オリーサは24人目のヒーローとしてオーバーウォッチに参戦しました。これが2017年3月の出来事です。

新ヒーロー

先程公式サイトが更新され、ヌンバーニ空港襲撃事件はテロ組織「タロン」が関与していたと明かされました。タロンの攻撃はヘリックス・セキュリティ・インターナショナルが管理する最高のセキュリティを誇る刑務所から一人の男を解放させるためのものだったと報告。男の名はDoomfistとして知られているAkande Ogundimuと言うそうです。

事件は早朝に発生。未確認の航空機が施設に接近し、正体不明の何者かによってヘリックスの警備員が簡単に片付けられました。死傷者の医療記録によると、リーパーとして知られている傭兵が関与しており、全てがタロンの攻撃であると確認されているとのこと。

その後、Akande Ogundimuはヌンバーニ空港を襲撃、警備ロボット「OR15」を破壊し、ガントレットを取り戻したようです。

Numbani国際空港

ヘリックス・セキュリティ・インターナショナルは、ファラが所属している民間企業です。

Doomfistと呼ばれている人物は現在3人存在しており、彼らのポスターはヌンバーニ博物館に展示されています。Doomfistを継承した者はガントレットを装備していますが、外観や性能は異なっています。

Doomfist

左から「The Savior (Adhabu Ngumi)」、「The Scourger (Akinjide Adeyemi)」、「The Successor」という名前が記載されていますが、3人目の容姿や本名は謎のままです。

【追記】
Ogundimuはナイジェリアでよくある姓で、Akandeはナイジェリアで使われるヨルバ語で"第3"という意味らしいので、三代目の「The Successor」がAkande Ogundimuなのかもしれません。

Akande Ogundimuの牢屋?

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。