オーバーウォッチ:シーズン4が開始&変更点がアナウンス!上位ティアは週7回プレイ必要

0 オーバーウォッチ     

overwatch

本日、オーバーウォッチにメジャーアップデートが配信。9時からはライバルプレイ シーズン4が開始されています。先程、公式ブログが更新されシーズン4の変更点について掲載されました。

スキルレートの変更点

  • シーズン2ではスキルレートのディケイシステムを導入。このシステムではダイヤモンド、マスター、グランドマスターのプレイヤーはステータスを維持するために7日間で最低1試合プレイする必要がありました。
  • シーズン4では、スキルレート3000を超えるプレイヤーは上位ティアを維持するために1週間で7回のゲームを完了させる必要があります。
  • マッチが完了するとスキルレート低下までの時間が24時間後にリセットされ、週に7日分の貯金ができます。
  • つまり、1週間に7試合プレイすればスキルレートは低下しません。プレイヤーは毎日1試合プレイするか、1度に7試合プレイする必要があります。
  • シーズン3ではプレイヤーを適切なティアに配置するためスキルレートと認定マッチを再調整しました。この変更は非常に満足していますが、最低/最高レート帯でいくつかの問題があることに気づきました。
  • 例えば、一部のプレイヤーは最低スキルレートに到達するために意図的に試合を放棄しています。この行動はいいものではありません。そのため、500未満のスキルレート値は非表示にしました。
  • また、ライバルプレイはレートを上げるのが楽しいので、0/5000に到達することを少し難しくしました。この変更は500~4500のプレイヤーには影響しません。(文章修正)

TOP500システムの変更点

  • トップ500リーダーボードにいくつかの変更を追加。
  • これまではシーズン中にトップ500入りしたプレイヤーへシーズン終了時に特別なスプレーとプレイヤーアイコンを配布していました。
  • これは自分のスキルレートを維持する必要がなく、シーズン終了時に競争力が低下する可能性があることを意味します。
  • シーズン4では、特別な報酬はシーズン終了時にトップ500のリーダーボードに入っている場合のみ付与されます。

リスポーン時間の変更点

  • 今まで攻撃側が優位な状況でも防衛側が繰り返し目標に絡むことで攻撃を遅らせていました。この戦略は攻撃側の進捗を遅らせるだけで、戦況を変えるわけではありません。
  • シーズン4ではポイント上の防衛側の人数を攻撃側が上回ると、リスポーン時間の遅延システムが起動します。
  • 目標が奪取されておらず、一定時間後に防衛側が優位に立たない場合、防衛側のリスポーン時間は上限に達するまで徐々に増加し始めます。防衛側が優位になればリスポーン時間は元に戻ります。
  • この変更により、攻撃側が目標を奪取しやすくなり、引き分け試合を減らすことでしょう。我々はアサルトマップの引き分け試合を減らそうと努力しています。
  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

コメントの受付は終了しました。