オーバーウォッチ:新シンメトラの変更点やアビリティの映像が公開!ロールはダメージへ

0 オーバーウォッチ     

overwatch

本日PTRに実装された新シンメトラの変更点と映像が公式フォーラムで紹介されています。ロールはオフェンスとディフェンスヒーローが統合された新カテゴリ「ダメージ」に移動しています。

新シンメトラの変更点について

フォトンプロジェクター(プライマリ)

映像

メイン攻撃の最大の変更点は、敵をロックしなくなったことです。代わりに、多くのダメージを与えることができるようになり、射程も増加しています。フォトンプロジェクターのダメージは以前よりもゆっくりと上昇し、そしてゆっくりと下降します。

  • ターゲットをロックされなくなった。
  • 射程が10メートルに増加した。
  • 連続ダメージ段階の上昇/下降が1秒から2秒に変更された。
  • ダメージが30/60/120から60/120/180に増加した。
  • バリアにヒットすると、弾薬を消費するのではなく弾薬を生成する。

フォトンプロジェクター(セカンダリ)

画像

サブ攻撃も大幅に変更されました。敵を貫通する代わりに、爆発するようになります。発射体の速度も大幅に増加しているので、今までより遠距離の相手にもヒットしやすくなります。高台から敵に発射すると、爆発ダメージを確実に与えられるのでより強力です。

  • ターゲットを貫通しなくなった。
  • 衝突すると爆発する。
  • 発射体の速度が増加した。
  • チャージ速度が増加した。
  • ダメージが衝突60/爆発60に変更された。

セントリータレット

能力

配置したい場所の近くに行く必要がなくなり、発射体として前方に発射することができるようになりました。最大3つのタレットを保持/展開することができますが、1つのタレットは以前よりも強力になっています。

  • タレットは近くに設置するのではなく、発射体として発射される。
  • 最大3つまで配置/所有できる。
  • 1つのタレットのHPが1から30に増加した。
  • 1つのタレットのダメージ、減速効果が増加した。

テレポーター

キャラ

テレポーターは通常アビリティとなり、これまでと違う働きをします。シンメトラの目の前に出口を構築するのではなく、最大25メートル先に出口を構築します。その後、入口は自動的に目の前に構築されます。テレポーターがアクティブの間、キー入力をして反対のポータルに移動できます。

  • 最大25メートル移動できるテレポーターを設置できます。
  • 入口は、スポーン部屋ではなく、シンメトラの目の前に構築されます。
  • 10秒間持続します。
  • HPは300となりました。
  • ジャンクラットのRIPタイヤ、D.Vaの自爆メカもテレポート可能です。
  • 片方のポータルが破壊されると、もう一方は自動的に消滅します。

チームメイトと上手く連携がとれれば、非常に面白いコンボが可能となります。例えば、バスティオン、トールビョーン、アナ、ザリアなど移動アビリティを持っていないヒーローも普段到達できない場所に行くことができます。敵ザリアのグラビトンサージに囚われても、テレポーターで脱出できます。

ULT:フォトンバリア

アルティメットアビリティ

フォトンバリアは、通常アビリティからアルティメットアビリティに変更され、機能も劇的に変化しました。新アビリティでは、ほぼ無限に広がる巨大なエネルギー・バリアを展開できます。D.Vaの自爆メック、ジャンクラットのRIPタイヤにも役立ちます。

  • マップ全体に広がる巨大なバリアを配置できる。
  • ULTボタンをもう一度入力すると、向きを変更できる。
  • HPは5000となっている。

上記内容はPTRの内容とため、変更される場合があります。

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件