オーバーウォッチ ワールドカップ2018の開催を発表!日本の世界ランクは10位スタート

0 オーバーウォッチ    

overwatch

第3回目となる「Overwatch World Cup」が2018年も開催されるようです。今年のワールドカップには24ヶ国が進出でき、11月の本戦で優勝国が決定します。

オーバーウォッチ ワールドカップ2018

本日から予選として、ライバルプレイのシーズン9が終了(北米時間4月28日)するまで、各国トップ150となるプレイヤーの平均スキルレートが追跡されます。追跡終了時にホスト国を除くトップ20に入っていれば予選通過となり、ワールドカップ参加権を獲得します。

グループステージのホスト国は、フランス、韓国、タイ、アメリカの4ヶ国。これらの国は自動的に予選通過となっています。

現時点の順位

ランク国/地域SR
ホスト韓国4464
ホストアメリカ合衆国4439
ホストタイ3947
ホストフランス4257
1中国4451
2スウェーデン4302
3イギリス4278
4カナダ4267
5ドイツ4259
6デンマーク4238
7フィンランド4237
8ロシア4215
9オランダ4211
10日本4175
11ノルウェー4155
12イタリア4097
13スペイン4089
14ポーランド4077
15オーストラリア4057
16香港4036
17オーストリア3996
18Belgium3978
19ブラジル3972
20アルゼンチン3961
21Switzerland3952
22チャイニーズタイペイ3941
23イスラエル3914
24シンガポール3893
25Saudi Arabia3888
26United Arab Emirates3854

昨年の日本の順位は12位から始まり、12位で終了しました。今年は10位となっていますが、ホスト国を除いた順位なのでホスト国を合わせると実際は13位となり、日本より下だったオランダが順位を上げています。

競技委員会・代表メンバーの選出

代表メンバーをサポートするため、GM(ゼネラルマネージャー)、コーチ、コミュニティリードの3人で競技委員会が構成されます。競技委員会のメンバーは北米時間5月31日に公表されます。

競技委員会が北米時間の6月1日から7月5日にかけてトライアウトを実施。プレイヤーたち(オーバーウォッチ リーグのメンバーも含む)は市民権を持つ国の代表の座を巡って競い合います。

競技委員会は6月15日から7月5日までの間に最大12人のプレイヤーからなるメンバー表を提出します。Blizzardがプレイヤーや競技委員会と協議して、メンバー表の中からイベントに参加する7人のプレイヤーを決定します。

日程

WC

  • 3月-4月:予選
  • 5月  :競技委員会の選出
  • 6月-7月:プレイヤートライアウト
  • 8月-10月:グループステージ
  • 11月  :本戦

オーバーウォッチのワールドカップ詳細は公式ブログで確認できます。順位はワールドカップ特設サイトで確認できます。

おすすめページ オーバーウォッチ攻略データベース

コメント 0 件