オーバーウォッチ2 ベータの6月29日パッチノート情報!ヒーローバランス調整

overwatch2

6月29日に配信されたオーバーウォッチ2 PvPベータのパッチノートが公開されています。ヒーローバランス調整が実施されました。

OW2 ベータ調整内容 6月29日

コンソールとクロスプレイのテスト

「オーバーウォッチ 2」ベータはクロスプラットフォームに対応し、Windows® PCおよびXbox Series X|S、Xbox One、PlayStation®5、PlayStation®4が対象となります(Xbox Series X|SおよびXbox Oneは日本語非対応です)。

今回のベータでは、コンソールとクロスプレイの機能をテストするのが主な目的です。プラットフォームが異なるプレイヤー同士でも、チームを組んで対戦することができます。負荷テストを行うとともに、さまざまなプラットフォームのプレイヤーが「オーバーウォッチ 2」についてどう思うかを知る機会となります!

クイック・プレイの一時的な変更

「オーバーウォッチ 2」ベータではライバル・プレイが利用できません。そこで一時的に、クイック・プレイにおいてロールキューとオープンキューが選択できるよう変更されています。またクイック・プレイでは、それぞれのマップにおけるゲーム・モードにライバル・プレイのルールが適用されます。

ハイブリッドおよびペイロードのマップでは、ライバル・プレイと同様に両チームが攻撃と防衛でプレイし、どちらのチームが攻撃に優れているかで勝敗が決まります。マッチメイキングや離脱への対応、および進行中のゲームへのバックフィルといったその他のクイック・プレイの機能に変更はありません。

新機能

ヒーローの新しい姿

  • 「オーバーウォッチ 2」では、すべてのヒーローの見た目が一新されます。ヒーロー・ギャラリーのスキン変更画面で「クラシック II」を選択して、新たな見た目をチェックしましょう。

ダイナミック・レンダー・スケール

  • GPUに制限がある場合にパフォーマンスを向上させる「ダイナミック・レンダー・スケール」をPC版に追加しました。
  • ダイナミック・レンダー・スケールを有効にすると、「レンダー・スケール」設定で「カスタム」が選択可能になり、従来の「フレームレート上限を設定」に代わり、解像度の最小値と最大値を指定できるようになります。
    • 最小解像度を下げると、パフォーマンスが向上
    • 最大解像度を上げると、画質が向上

機能のアップデート

プッシュ

  • ゲーム時間を8分間から10分間に延長

ピン・システム

新しいヒーロー固有のピン

  • シンメトラが味方に向けてテレポーターの位置を指し示すピンを追加
  • アナが眠っている敵をピンで指し示した場合に再生されるボイスとビジュアルを追加
  • ジャンクラットが罠にかかった敵の位置を壁越しに指し示すピンを追加
    • これは特殊な「最後に目撃」ピンを配置します

ピンのビジュアルのアップデート

  • ピン・アイコンのビジュアルをアップデートしたものの、まだ制作段階にあるため最終的なアートではありません
  • 敵のピン・アイコンに「ライフ低下」と「瀕死」の通知を追加
    • この通知は、敵のライフを確認でき、なおかつピンを立てられる状況で表示されます。敵のライフを確認できる状況としては、以下のアビリティやイベントがあります:
      • ソンブラの「オポチュニスト」
      • ソンブラの「ハック」
      • マーシーの「ヴァルキリー」
      • ウィドウメイカーの「インフラサイト」
  • 「確認」と「キャンセル」のビジュアルを追加
    • ピンを「キャンセル」で画面から消去
    • ピンを「確認」すると、味方のコミュニケーションに対して、了解したことを伝える
  • 「最後に目撃」ピンに固有のビジュアルを追加
    • 「最後に目撃」ピンは、敵を追尾しないタイプのピンで、元々ピンしていた敵が視界の外に出た場合に配置されます
  • 目立ちやすいようにオフスクリーンのピンにアニメーションを追加

ピン・ホイールのアップデート

  • ピン・ホイールを開くことで適切なピンを自動的に表示
    • これにより誤ってピン・ホイールを開いた場合でも敵にピンを配置できます
  • ホイール内で選択する位置ではなく、ホイール表示時に照準が向けられていた位置を記憶するように変更
  • ワールド・ピンがロケーションに配置されるように変更
  • ピン・ホイールのデッドゾーンを他のホイール(通信、エモート、ボイス・ライン、反応)よりも縮小
  • ピン・ホイールに「戻る」ボタンを追加
    • コントローラー用にすべてのホイールに「戻る」機能を追加

死亡中のピン

  • 死亡後の3秒間、倒されたヒーローは自身を撃破した敵にピンを立てることができます
    • 倒されたあとは射線を失ってしまうため、ピンを連打して敵の位置を知らせ続けることはできません
    • 倒された地点からの射線が味方に共有されることはありません。味方が敵を直接視認していない限り、「最後に目撃」以外のピンを立てることはできません
    • 多くのピンは死亡中に使用できませんが、代わりにリスポーンまでの残り時間がチーム・チャットに表示されます
    • 死亡後の3秒間は敵に照準を合わせられないため、敵に狙いを定める必要はありません
    • この機能には、通常の敵を示すピンよりも厳重なスパム対策が実装されています

スコアボード

一般的なアップデート

第1回のベータで寄せられた素晴らしいフィードバックをもとに、スコアボードにさまざまな変更を追加しました。スコアボードのアップデートと改良はまだまだ続きます。この機能に関するフィードバックをお待ちしています。

  • 重要な情報をまとめて見やすくするようにレイアウトを変更
  • アルティメットの進行を数値で表示
  • ゲームアクションをより見やすくするためにスコアボード表示中の透明度を向上

統計のアップデート

スコアボードに表示される統計とともに、それぞれのヒーローの統計にも大幅な変更を加える予定です。キル、アシスト、デス、ヒーロー与ダメージ、回復したライフ、軽減したダメージが表示されます。新しい統計情報は以下となります:

  • 従来の防衛アシストと攻撃アシストが「アシスト」に統一されます
  • 「軽減したダメージ」が新しい統計情報として追加されます。これには従来のブロックしたダメージに加え、アナの「ナノ・ブースト」やオリーサの「フォーティファイ」で防いだダメージも記録されます
    • この機能はまだ調整中であり、ルシオの「サウンド・バリア」などで軽減されたダメージ等も今後統計に追加する予定です

まだ統計情報が実装されていないヒーローがたくさんいます。これらの未実装の統計欄にはNYI(Not Yet Implemented)タグが付いています。この機能に関するフィードバックをプレイヤーの皆さまからお寄せいただくために、未完成の統計もスコアボードにあえて掲載しています。

サウンド

ホームシアター・サラウンドサウンドのアップデート

  • すべての環境音がサラウンドサウンドに対応

3Dオーディオのアップデート

  • Xbox - ホームシアター用Dolby Atmosと、ヘッドホン用3Dオーディオに対応
  • PS5 - ヘッドホンおよびTVにてソニー3Dオーディオに対応

マップ

コントロール

  • BUSAN:(NEW!)ライティング:夜

エスコート

  • GIBRALTAR:(NEW!)ライティング:朝

ハイブリッド

  • (NEW!)PARAISO
    新しいハイブリッドのマップ、PARAISOがリオの中心地に登場します!カーニバルの山車に乗って、晴れ渡るビーチからルシオのクラブ・シネステージアまで街じゅうを駆け巡りましょう。

新ヒーロー

ジャンカー・クイーン

  • スキャッターガン(メイン攻撃)
    • ポンプアクションのショットガン
  • ギザギザブレード(サブ攻撃)
    • アクティブ:ナイフを投げる。再度使用するとナイフを回収し、刺さった敵を引き寄せる
    • パッシブ:クイック近接攻撃や投げナイフの当たった敵に傷口を残し、継続ダメージを与える
  • コマンディング・シャウト(アビリティ1)
    • 自身と周囲の味方のライフと移動速度を一時的に増加させる
  • カーネイジ(アビリティ2)
    • 前方のすべての敵に傷口を残し、継続ダメージを与える
  • アドレナリン・ラッシュ(パッシブ)
    • 傷で与えたダメージの分だけ、継続的に回復する
  • ランペイジ(アルティメット)
    • 前方に突進して接触した敵に傷口を残し、継続ダメージを与え、さらに回復を阻止する

ヒーロー

一般

  • サポートのロール・パッシブ
    • 回復の発動までの時間を1秒から1.5秒に延長
  • (NEW!)ダメージのロール・パッシブ
    • 他のダメージヒーローに交代すると、アルティメット・チャージを最大30%引き継ぐ
    • これまでの移動速度上昇パッシブを削除
      • ロール・パッシブによって調整されていたヒーローたちの移動速度を元の値に戻しました

ラインハルト

  • 一般
    • アーマーを350から300に減少
    • ライフを300から325に増加

ウィンストン

  • バリア・プロジェクター
    • バリアのライフを800から700に減少
  • プライマル・レイジ(アルティメット)
    • アルティメットのコストを10%増加

D.Va

  • 一般
    • メックのアーマーを200から300に増加
    • メックのライフを450から350に減少

ドゥームフィスト

  • サイズミック・スラム
    • 移動速度低下効果を削除
  • パワー・ブロック
    • ダメージ軽減を90%から80%に減少

オリーサ

  • フュージョン・ドライバー改
    • ダメージを10から12に増加
    • 弾丸のサイズが距離に応じて変化しなくなる
    • 弾丸の初期サイズを0.3から0.1に縮小
    • クリティカル・ダメージのボーナスを50%から100%に増加
    • 最大射程における距離減衰を70%から50%に減少
    • 距離減衰の最大射程を15-35メートルから15-25メートルに縮小
  • フォーティファイ
    • 20%の移動速度ペナルティを削除
    • ヘッドショットへの耐性を削除
  • ジャベリン・スピン
    • クールダウンを10秒から7秒に短縮
    • 移動速度のブーストを65%から40%に減少
    • ノックバックを強化
  • エネルギー・ジャベリン
    • 着弾ダメージを80から60に減少
    • クールダウンを6.5秒から8秒に延長
  • テラ・サージ
    • 最大ダメージを275から500に増加
    • これまでの200ダメージのタイミングからダメージ増加が開始

バスティオン

  • A-36タクティカル・グレネード
    • クールダウンを10秒から8秒に短縮

キャスディ

  • コンバット・ロール
    • 0.4秒間、ダメージを50%軽減する

ジャンクラット

  • スティール・トラップ
    • ターゲットの動きを完全に止めるように再び変更
    • 弾速を10から15に増加
  • フラグ・ランチャー
    • 弾丸のサイズを0.2から0.25に拡大

ファラ

  • ロケット・ランチャー
    • 弾切れになると、従来よりも0.25秒早くリロードを開始する
  • コンカッシブ・ブラスト
    • 直撃で30ダメージと追加ノックバックを与える

シンメトラ

  • フォトン・プロジェクター(メイン攻撃)
    • 弾薬数を70から100に増加
    • バリアにダメージを与えた場合に弾薬を生成しなくなる
  • フォトン・プロジェクター(サブ攻撃)
    • 弾速を25から50に増加
    • 最大ダメージを120から90に減少(直撃45、爆発45)
    • 最大チャージ時における弾丸の大きさを0.5から0.4に縮小
    • 弾薬コストを7から10に増加
    • チャージ時間を1秒から1.2秒に延長
  • テレポーター
    • 設置時間を2秒から1秒に短縮
    • 最大持続時間を10秒に設定
    • クールダウンを10秒から16秒に延長
    • クールダウンが設置時から開始
    • ライフを300から200に減少(ライフ50、シールド150)
    • 最大距離を30メートルから22メートルに短縮
  • セントリー・タレット
    • 移動速度を15から20に増加
    • ターゲットの移動速度低下をタレット1つあたり20%から15%に減少

トールビョーン

  • リベット・ガン(メイン攻撃)
    • リカバリー時間を0.6秒から0.55秒に短縮
  • リベット・ガン(サブ攻撃)
    • リカバリー時間を0.8秒から0.7秒に短縮

ゼニヤッタ

  • 不和のオーブ
    • ターゲットが射線の外に出てからオーブが外れるまでの時間を3秒から2秒に短縮

マーシー

  • ガーディアン・エンジェル
    • しゃがみをキャンセルで大きな垂直ジャンプができなくなる
    • ガーディアン・エンジェルの終盤に自動的に上方向へ飛び上がる
  • エンジェリック・ディセント
    • 長押しで下降速度だけでなく上昇速度も低下する これにより垂直方向のノックバック(ジャンクラットの「コンカッション・マイン」など)の威力を弱めることができますが、「ガーディアン・エンジェル」で得られる上方向への飛距離も減少します
    • これにより垂直方向のノックバック(ジャンクラットの「コンカッション・マイン」など)の威力を弱めることができますが、「ガーディアン・エンジェル」で得られる上方向への飛距離も減少します
The Art of Overwatch, Volume 2 (英語版)
The Art of Overwatch, Volume 2 (英語版)
アートブック第2弾
オーバーウォッチ ねんどろいど フィギュア
オーバーウォッチ ねんどろいど フィギュア
全15種