NVIDIA、FPS/TPSゲームではフレームレートが高ければキルレが上がる可能性が高いと報告

0 PCゲーム    

上手く

NVIDIAは、PUBG/フォートナイト/CoD:BO4ブラックアウト/Apex LegendsといったバトルロイヤルのFPS/TPSゲームは、フレームレートを上げることで優位に戦うことができ、キルレが上がる可能性があると説明しています

フレームレートを高めてFPS/TPSゲームを優位に

高いfpsがよりよい結果を招く

ProSettings.netProSettings.comによると、PUBG/フォートナイト/Apex Legendsのプロ選手の99%が144Hz以上のモニターを使っており、240Hzのモニターを使っている選手も全体の30%程度いるとのこと。

ゲーム起動中に、キーボードやマウスで操作をすると、画面に更新されたフレームレートが表示されるまでに複雑なプロセスが実行されます。このプロセスは「レイテンシ」と呼ばれており、レイテンシが短いほど、反応時間が速くなります。

レイテンシを短縮させるには、GPUがもっとも重要な要素だそうで、GeForce RTX 2080とGTX 750Tiに比べると、レイテンシは半分に短縮されるようです。

遅延

プロ選手たちと連携し、ブラインド A/B テストを実施したところ、レイテンシをわずか数ミリ秒短縮しただけでも、一貫してそれを識別し、その利点を把握することができたとのことです。

高フレームレートと低レイテンシは、バトルロイヤルでどのようなメリットがあるのか。NVIDIAによると、以下のようになるようです。

  • fpsが高くなると、次のフレームがより早く見えるようになり、それに対応できるようになります。
  • 高Hzのモニターで fpsが高くなると、画像がより滑らかに表示され、ターゲットをより簡単に定められるようになります。十字カーソルをスクリーンの端から端まで移動させたときも、あるフレームから次のフレームに移る際のマイクロ スタッターまたは「ピクセル スキップ」も少なくなります。
  • 高いfpsとUltra Low Motion Blur (ULMB) のような G-SYNC テクノロジを組み合わせると、オブジェクトとテキストがよりシャープになり、動きの速いシーンでも簡単に認識することができるようになります。

高いfpsとキルレシオ(K/D)の関係

GeForce Experience HighlightsのPUBGとフォートナイトから、匿名化されたデータを使用した調査結果が報告されています。以下は、1週間あたりのプレイ時間別、グラボ別にキルレシオを表示したグラフです。

キルレート

グラフを見ると、数時間しかプレイしていなくても、ベテランであっても、高性能なグラボを使用するほど、ゲーマーのキルレシオが高くなっています。そして、プレイ時間が増えるにつれて、GeForce GTX 1050/Ti ユーザーと GeForce GTX 1080/Ti ユーザーの差が広がっているようです。

高性能なグラボを使用すれば、高いフレームレートで動作できるため、キルレシオにメリットがあるということを意味しています。

144Hzが新しいスタンダードに

フレームレートがもたらす効果を確認するため、1080pの解像度を使用しているユーザーだけにサンプルを限定し、60Hz/144Hz/240Hzのモニター別のキルレシオも公開されています。

ゲーミング液晶モニター

144Hz以上のリフレッシュレートの高いモニターを使って、グラボの性能をフルに活用しているゲーマーほど、キルレシオが高くなっていることが確認できます。

NVIDIAは、自分の持っているパフォーマンスを最大限に引き出すためには、144fps以上のフレームレートで動作できるようにPCスペックを構築し、144Hzの液晶モニターを使用するべきだと説明しています。240Hzのモニターは、さらなるパフォーマンス向上を実現してくれますが、ゲームも240fps程度で動作させるグラボを用意する必要があります。

NVIDIAのテストによると、Apex Legends/PUBGの高設定で平均144fps以上で動作させるにはRTX2070以上、フォートナイト/CoD:BO4ブラックアウトの高設定で平均144fps以上で動作させるにはGTX1660Ti以上が必要だそうです。

ゲーミングモニターと通常モニターの違い

リフレッシュレートと応答速度

一般的なモニターとゲーミングモニターの大きな違いはリフレッシュレート応答速度が異なるということです。アクションゲームやFPSゲームなど動きの速いゲームをプレイするときは、この2つの数値が重要です。

一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hzとなっています。画面を1秒間に60回書き換えるのと、144回の書き換えでは見え方が大きく異なります。映像がなめらかに表示されるので、敵に攻撃が当てやすくなります。

PS4やNintendo Switchなどの家庭用ゲームは最大60Hzまでとなっているため、液晶モニターのリフレッシュレートは気にしなくても問題ありません。

そして、応答速度が速ければ映像がシャープに表示されます。応答速度が高速であれば、色の切り替えが速いということになり、敵の残像を攻撃するということがなくなります。対戦ゲームには重要な数値です。

ゲームに特化した機能

それなりの価格で販売されているゲーミングモニターには、ゲームプレイに便利な機能がいくつか搭載されています。中にはハードウェアチートのような機能も存在します。

暗闇での視認性を調整する機能、映像が明るいときにバックライトを調整する機能、ゲーム用に映像を最適化する機能、バックライトのちらつきを抑えて目の疲れを低減する機能などがあります。

一部モニターには、FPSゲームのために中央に照準を表示できたり、リアルタイムストラテジーのためにタイマーを表示できたりする機能もあったりします。

人気のゲーミングモニター

BenQ ゲーミングモニター 24インチ/144Hz

24インチ/1,920×1,080/144Hz/応答速度‎‎1ms(GTG)の人気ゲーミングモニターです。入力端子は、HDMIx1、DVI-DLx1、Display Portx1で、144Hz駆動はDVI-DL、Display Port接続時のみ。

暗い場面で視認性を高めて敵が見やすくなる「Black eQualizer機能」、目に優しい「フリッカーフリー機能」「ブルーライト軽減モード」、画面に集中できる反射を抑えたマットな「ベゼルデザイン」が特徴です。

I-O DATA ゲーミングモニター 24インチ/144Hz

24インチ/1,920×1,080/144Hz/応答速度0.7ms(GTG)の低価格ゲーミングモニターです。入力端子は、HDMI×3、Display Portx1で、144Hz駆動はHDMI(ポート1)、Display Port接続時のみ。

操作と表示の遅延が「わずか0.05フレーム(約0.35ミリ秒)」、暗いシーンに隠れた敵もより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」、映像の明るさによりバックライトの輝度レベルを自動的に制御する「CREX」、目に優しい「フリッカーフリー機能」「ブルーライト低減機能」が特徴です。

ASUS ゲーミングモニター 24インチ/144Hz

24インチ/1,920×1,080/144Hz/応答速度1ms(GTG)の低価格ゲーミングモニターです。入力端子は、DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1で、144Hz駆動はDVI-D、Display Port接続時のみ。

ゲーム映像に合わせて最適な画質を選択する「Splendid技術」、画面上にゲーム用の照準などを表示する「GamePlus」が特徴です。

I-O DATA ゲーミングモニター 24.5インチ/240Hz

24.5インチ/1,920×1,080/240Hz/応答速度0.6ms(GTG)の高性能ゲーミングモニターです。入力端子は、HDMI×2、Display Portx1で、240Hz駆動は全ての入力端子で対応。

操作と表示の遅延が「わずか0.05フレーム(約0.22ミリ秒)」、暗いシーンに隠れた敵もより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」、目に優しい「フリッカーフリー機能」「ブルーライト低減機能」が特徴です。

  • Feedly
  • B!
コメント 0 件

※英数字の仮想IDが表示されます。
※コメントがすぐに表示されない場合、自動でスパム認定されている場合があります。
※他人が不快になるコメントはお控えください。